ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワラにもすがる思いで使ってみたおしゃぶり。ピタリと泣き止む息子にびっくり!

f:id:akasuguope01:20170826213621j:plain

子育て中のママにとって、赤ちゃんのぐずりは精神的にも肉体的にも参ってしまいます。

私も長男の時は、育児ノイローゼ一歩手前の状態になってしまいました。そして、今度はそうならないためにと次男の時から使い出したのが、子育てママの強い味方である「おしゃぶり」です。

私は、ママ友からおしゃぶりをすすめられて使いだし、その効果に感動してしまいました。

初めは、おしゃぶりのイメージは私の中ではよくないものでした。出っ歯になるや精神的に不安定な子どもになるといったよくない噂を聞いていたからです。ですので、おしゃぶりを使うことを恐れていました。

しかし、ワラにもすがる思いで使ってみると効果は絶大。

最初に使い出したのは、息子が生後5ヶ月の時でした。先程まで大泣きをしていた息子が、ピタリと泣き止みにこにこしながらおしゃぶりをしだしたのです。

今まで泣き止ませるのに苦労していたのがウソのようでした。 関連記事:賛否両論、でも本当に本当に買ってよかった我が家の救世主「おしゃぶり」 by ぐっちぃ

おしゃぶりを使いだしてからは、外出することに対してのストレスがなくなりました。

電車内で突然泣き出してしまったらどうしようと今までは不安に思っていましたが、おしゃぶりをさせることでその問題は解消されました。

使う前に不安に思っていた出っ歯になるという噂も、歯並びが悪くならないようにと開発された商品があることを知り、これをつかっていたため安心しながら使えました。

また、おしゃぶりをさせると精神的に不安定な子どもになるというのは、あくまで噂であると私は思います。

実際に、息子はおしゃぶりを1歳8ヶ月頃までしていましたが、現在精神的に不安定ではないと思います。

おしゃぶりを卒業させるきっかけになったのは、1歳8ヶ月のおむつはずれだと思っています。

おむつはずれに成功してから、息子の中で何かが変わったようで、言うなれば一歩幼児に近づいた為、何か嫌な事があって一瞬はぐずってもしばらくすると、泣き止むようになったのです。

そして、おしゃぶりを与えてもペッと吐き出してしまうようになりました。

初めは、おしゃぶりがなかったら外出が恐いと思っていましたが、電車内でも泣くことが少なくなっていったのです。

おしゃぶりがあったので私は子育てのストレスからある程度解放されたように思います。

また、おしゃぶりを持っているから、もし泣いてもどうにかなるぞという心強いお守り的な要素もあると実感しました。 関連記事:おしゃぶりってどうなの? 手放せなかった息子が、自分で「捨てて」と言うまでの話

f:id:akasuguope01:20170826201919j:plain

著者:tatto

年齢:27歳

子どもの年齢:11歳、8歳、1歳、妊娠24週目

男の子ばかりで賑やかな家庭です。三男が生まれてから、長男は面倒見がよくなり毎日のように遊んでくれています。これからの成長が楽しみです。 最近の趣味は、離乳食の創作料理にはまっています。何でも、良く食べていた三男が好き嫌いをしだしたので、あの手この手で毎日苦戦しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

階段に設置したベビーフェンス。「まだ開けられないだろう」という思い込みで危険な目に
離乳食初期に重宝する食器って?楽しい時間にするために吟味して選び抜いた
悩ましい赤ちゃんのベッド問題。ベビーベッドは必要か否か!?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。