体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人におすすめ!一度は訪れたい全国の冬イベント【2017-2018】

大人におすすめ!一度は訪れたい全国の冬イベント【2017-2018】

冬ならでは屋外イベントといえば、光り輝くイルミネーション、伝統的な雪の祭典など。

今回は、大人旅で訪れたい全国の冬イベントをご紹介します。

想像を超える規模で展開されるイルミネーションに、凍えるほど澄んだ冬空に打ち上がる花火、かまくらを彩る炎と、冬ならではのきらめきに満ちた地へ、さあ出かけましょう。

記事配信:じゃらんニュース

ハウステンボス「光の王国」【長崎県佐世保市】

テーマパークの街全体が輝く、世界最大1300万球のイルミ。

ハウステンボス光の王国2010年の誕生から進化を続ける「光の王国」。高さ66mから流れ落ちる日本一の「光の滝」をはじめ、輝かしい情景に息をのむハウステンボス光の王国空から光が降り注ぐツリーは高さ30m。音楽と連動したショーを実施ハウステンボス光の王国宮殿の壁一面が舞台となる「パレス ハウステンボス 3Dプロジェクションマッピング」

(C)ハウステンボス/J-18185

開催期間:2017年11月3日(金・祝)~2018年5月6日(日)

ハウステンボスの街が、多彩なイルミネーションの光にあふれる「光の王国」に。今回は、『パレス ハウステンボス』に映し出される幅110mもの3Dプロジェクションマッピング、ガラス張りのカフェから光の海を一望する「光の天空カフェ」と、新たな光のスポットが登場。他にも虹色に輝く運河など、いくつもの見どころがあり、一度は目にしたい圧巻のきらめきの光景が繰り広げられる。 ハウステンボス「光の王国」

開催地/ハウステンボス

開催時間/9時~22時(最終入場21時)※日により異なる

料金/1DAY パスポート大人6900円、光のナイト散策チケット大人4000円※17時からの入場

TEL/0570-064-110(ハウステンボス)

アクセス/電車:JR ハウステンボス駅より徒歩すぐ

車:西九州道佐世保大塔ICより2時間

「ハウステンボス「光の王国」」の詳細はこちら

横手の雪まつり かまくら【秋田県横手市】

約450年の歴史を数える、雪国伝統の小正月行事。

横手の雪まつりかまくら子どもたちが「はいってたんせ」「おがんでたんせ」と出迎えてくれる

開催期間:2018年2月15日(木)・16日(金)

雪室のなかに設けた神座に水神様を祀り、かまくらの中で子どもたちが甘酒を飲んだり、お餅を焼いたりして遊ぶ民俗行事。それぞれ雰囲気が異なる会場で、地元の子どもたちが出迎えるかまくらは、雪国の伝統が醸し出す旅情に満ちている。 横手の雪まつり かまくら

開催地/横手市役所本庁舎前道路公園、羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り、横手公園ほか

開催時間/18時~21時

料金/入場無料、イベントにより有料

TEL/0182-33-7111(横手市観光協会)

アクセス/電車:JR横手駅より徒歩10分

車:秋田道横手ICより10分

「横手の雪まつり かまくら」の詳細はこちら

2018河口湖・冬花火【山梨県富士河口湖町】

夜闇に浮かぶ富士山と、色鮮やかな花火の競演。

2018河口湖冬花火メイン会場の河口湖畔大池公園と畳岩、八木崎公園の3カ所から打ち上がる

開催期間:2018年1月13日(土)~2月18日(日)までの土日、2月23日(金)

澄み切った冬の夜空を彩る花火の背景に、壮大な富士山のシルエットが広がる花火大会。天候によっては、湖面に富士が映りこむ逆さ富士を、逆さ花火とともに観賞できる。大輪の花火に酔いしれた後は、冷えた体を温泉でゆったりと温めて。 2018河口湖・冬花火

開催地/メイン会場は河口湖畔大池公園

開催時間/20時~20時20分

料金/入場無料

TEL/0555-28-5177(富士河口湖町観光連盟)

アクセス/電車:富士急行河口湖駅より徒歩15分

車:中央道河口湖ICより15分

「2018河口湖・冬花火」の詳細はこちら

金沢城・兼六園四季物語 冬の段~金沢城・兼六園ライトアップ【石川県金沢市】

雪吊りに降り積もる雪と、光静かな名園の冬衣装。

金沢城兼六園四季物語加賀の歴代藩主が手がけた庭園。優美な情景が広がる

開催期間:2018年2月2日(金)~20日(火)

特別名勝の兼六園と、隣接する金沢城公園・玉泉院丸庭園が、期間限定でライトアップされる。雪を頂いた徽軫灯籠(ことじとうろう)と雪吊りが織りなす壮麗な雪化粧のなかでも、栄螺山(さざえやま)から望む風景は見もの。唐崎松が池に映る様子が美しい。 金沢城・兼六園四季物語 冬の段~金沢城・兼六園ライトアップ

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。