ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

筋肉少女帯、ツアーファイナルで30周年に向けての意気込みを語る!

12月10日、東京・マイナビBLITZ赤坂にて、筋肉少女帯が〈New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」〉の千秋楽を迎えた。10月25日にリリースされたニューアルバム『Future!』に伴うこの東名阪ツアーは、各地で大盛況。この赤坂の夜でも、ソールドアウトの場内に筋少とオーディエンスの歓喜のコール・アンド・レスポンスが響き渡っていた。
12月10日@東京・マイナビBLITZ赤坂 (okmusic UP's)

今回のツアーの主軸である『Future!』は、カヴァー曲やセルフカヴァー曲を含まないオリジナル・アルバムとしては1997年の『最後の聖戦』以来20年ぶりの作品で、純度100%の筋少が楽しめる濃厚な内容に仕上がっている。ときにストレンジな空気を漂わせながらも、とにかく一緒に歌いたくなるような楽曲が揃っており、ライブでの威力も絶大だ。アルバムの1曲目でもある「オーケントレイン」でド派手に幕を開けると、観客は皆、勢いよく一本指を立てて彼らの登場を歓迎する。大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)の4人が織り成す魔術的演奏は、今宵も健在。続く「ディオネア・フューチャー」では、ヘッドバンギングを誘発する疾走感とサビの合唱が心地良い。「ディオネア・フラワー」という歌詞に合わせて手をひらひらと動かすオーディエンスの一体感には、食虫植物を思わせる美しさがある。

『記憶に残るツアーファイナルにしようぜ!』と大槻が高らかに宣言すると、フロアの一体感は増すばかり。ダンサブルな「ハニートラップの恋」で観客の体をゆらゆらと揺らしたかと思えば、「新興宗教オレ教」といった意表を突く選曲で、一気にカルト的なグルーヴを生み出す彼ら。定番の「イワンのばか」に熱狂し、「わけあり物件」のダークな疾走美に酔い痴れた後は、お待ちかねのメタルプログレ曲「エニグマ」だ。先行公開されたMVが話題となったこの楽曲では、『トコイ トコイ トコイ』という大槻の扇動を合図に、不思議な儀式を思わせるうねりがフロアに発生していた。メンバー4人に加えて、サポートメンバーの三柴理(Pf)と長谷川浩二(Dr)を交えた計6人が、心行くまで高次元の合奏を繰り広げるさまは圧巻。プログレッシヴな構成もなんのその、キメのたびにしっかりと反応を示すオーディエンスも非常に頼もしい。奇想天外で実験精神に富んだ曲がここまで盛り上がる光景も筋少ならでは。この超絶曲が劇的な着地を見せると、ひときわ大きな歓声と拍手が巻き起こった。

ツアー先での思い出話に触れるなど、爆笑MCの連続にも和む場内。本編中盤も、小粋でシュールなニューウェーヴ曲「告白」、橘高の情感あふれるギタープレイを堪能できるインストゥルメンタル「奇術師」など、見せ場は続く。美しいメロディにのせた、マイノリティの気持ちに寄り添うような歌詞の「サイコキラーズ・ラブ」も特に感動的だった。

これだけバラエティ豊かな楽曲を聴いた後の本編終盤は、いつ観ても気持ちの良いもの。必殺の「サンフランシスコ」を皮切りに、「心の折れたエンジェル」「バトル野郎~100万人の兄貴~」といったテンションの高い楽曲で畳み掛けると、最後は勇ましくスリリングな「T2(タチムカウver.2)」が放たれた。クライマックスを飾るにふさわしい、大合唱必至のアンセムの誕生である。

アンコールでは、筋少特有のひねりの効いた「人間嫌いの歌」、涙腺を刺激するキュートな「3歳の花嫁」を披露し、ラストは爆発的な「釈迦」で今宵の宴を締めくくった彼ら。メタル、テクノ、プログレ、パンク、歌謡曲、フォーク、ソウル……さまざまな音楽的要素を自由自在にコントロールする手腕は、痛快そのものだ。『筋少は来年デビュー30周年目に突入するぜ! 来年6月21日から再来年の6月21日までは、毎日が30周年お祝い期間だ!』と大槻がこの夜のMCで叫んでいた場面は印象的だった。これ程のキャリアと技を兼ね備えたバンドが今も未来を見据え続けているというところにロマンを感じる。叩き上げのロックバンドの過激さと華麗さに笑いが止まらない一夜であった。

すでに告知されているように、12月23日には、毎年恒例の年末ワンマン公演が東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催される。そして、来年1月20日には、ファンクラブ会員限定ライブが東京・新宿BLAZEにて行われることも決定している。この機会に是非、筋少という破格の実力者の技を体感することをお薦めしたい。

また、年明けのニコ生で、彼らの迫力のライブ映像が放送されることもアナウンスされた。1月2日に、今回のマイナビBLITZ赤坂公演の模様の独占放送が決定。さらに元旦には、その前夜祭として、2017年3月20日開催の〈「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE〉が再放送される。どちらもチェックをお忘れなく。

人生に思い悩んだ時の道しるべとなるような新たな名盤は、ライブの中でも光り輝いていた。来年デビュー30周年を迎える筋肉少女帯。一本指立てて『Future!』と叫びながら、彼らとともに賑やかな未来を歩みたいものだ。

Text by 志村つくね

Photo by 金丸雅代
【ライブ情報】
12月23日 (土・祝) 東京 恵比寿 LIQUIDROOM

(サポートメンバー Pf.三柴理 Dr.長谷川浩二)

<2018年>

1月20日(土) 東京 新宿 BLAZE

(サポートメンバー Pf.三柴理 Dr.長谷川浩二)

※筋肉少女帯 ハイストレンジネス・チケットメンバーズ 会員限定ライブ

http://king-show.net/members/
【セットリスト】

1. オーケントレイン

2. ディオネア・フューチャー

3. 人から箱男(筋少×カラオケDAMコラボ曲)

4. ハニートラップの恋

5. 新興宗教オレ教

6. イワンのばか

7. わけあり物件

8. エニグマ

9. 告白

10. 奇術師

11. サイコキラーズ・ラブ

12. サンフランシスコ

13. 心の折れたエンジェル

14. バトル野郎~100万人の兄貴~

15. T2(タチムカウver.2)

EN:

16. 人間嫌いの歌

17. 3歳の花嫁

18. 釈迦
【ニコニコ生放送 ライブ独占放送 詳細情報】
【筋肉少女帯】ライブ独占放送前夜祭〜「猫のテブクロ」完全再現+11(赤坂版)LIVE〜 [再]

1月01日(月・祝)  22:00〜

http://live.nicovideo.jp/watch/lv309245988

【筋肉少女帯】ライブ独占放送 New Album「Future!」発売記念「一本指立ててFuture!と叫べ!ツアー」ファイナル公演

1月02日(火)  22:00〜

http://live.nicovideo.jp/watch/lv309234214
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy