体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

講演初体験の女性プレゼンターに訊いてみた─澤円のプレゼン講習の効果

講演経験がなくても、プレゼンの結果を出すことができた秘訣は?

皆さんこんにちは、澤です。

今回紹介するのは阿部茉梨藻さんといって、私が顧問を拝命しているビズリーチという会社で、今はエンジニアとして働いている女性です。

阿部さんはビズリーチ社内でのSalesforce のシステム管理に関わる仕事をしており、その活躍が認められて「Salesforce World Tour Tokyo」のプレゼンターとして東京でプレゼンテーションを実施する機会を得ることになりました。

タイトルは「Salesforceを活用した”働き方改革” ~定着までのシステム管理者奮闘記~」。ご自身の体験をもとに、ビズリーチにおけるSalesforceの活用についてお話ししたそうです。

阿部さんのセッションには100名を超える参加者がいらっしゃったそうで、大変な盛況だったとのことです。

このイベント全体では、80セッションを超えるプレゼンテーションが実施され、それぞれのセッションにおいてはアンケートがとられて満足度が測られました。

阿部さんの結果は素晴らしいスコアだったことが報告され、本人も大変喜ばれていました。

ただ、阿部さんはプレゼン慣れをしていたわけではなく、外部イベントでのプレゼンテーションは、これが初めての登壇だったそうです。

登壇寸前は、緊張のあまり文字通り食事も喉を通らない状態になっていたとのこと。

緊張の原因は、「オーディエンスにとって自分の話が役に立つかどうかが分からない」ということと、「オーディエンスと自分との間にある共通項がつかめない」ということの二つだったそうです。

たしかにこれは、経験が浅い人には難しいことかもしれません。そんな緊張感の中でも、しっかり結果を出すことができた秘訣はどこにあったのでしょう。

スライドの文字を徹底的に減らし、画像を増やした

まずは、ステージに立つ前の話から。
スライド作りもかなりの紆余曲折があったそうです。

40分の登壇時間に対し、第一版としてできあがったスライドは55枚。文字量も多く、絶対に話しきれない量でした

なんとなく『あれも話したい』『この情報も入れたい』と思っているうちに、資料が肥大化してきて…

上司にフィードバックをもらいに行くと、『何を伝えたいのか、よく考えて最低でもスライドの文字が36ポイント以上にできるよう情報を絞り込んで』とのコメントをもらいました

初版は捨てて、作り直す決心をしたのですが、最初に作ったスライドのフォントサイズは12~14ポイントで、どうすればそこまで情報を絞り込んで文字を大きくできるのか、皆目見当もつかず…

もう失敗プレゼンのスライド作りのテンプレートのような展開が最初は繰り広げられたそうです。

私のプレゼンを聴いたことがある方はご存知だと思いますが、私が作るスライドには、ほとんど文字はありません。

イメージを喚起する写真やイラストと、最低限に絞り込んだ言葉で表現するようにしています。

阿部さんもそれを思い出してくれたそうで、なんとも光栄なことにYouTubeで澤の動画を探して研究をしたそうです。

作ったものを一度ゼロにするのは、非常に勇気のいることです。しかし、阿部さんの成功のためには、絶対に不可欠な痛みだったと言えます。

もし、最初の膨大な量のスライドを使って本番に臨んだなら、おそらくはスライドを読むのに必死で、オーディエンス不在のプレゼンになっていたことでしょう。

苦渋の決断でしたが、結果的にはすっきりしたスライドを作ることができました

最終的な枚数は48枚だったのでそれほど減ったわけではないのですが、とにかく画像を増やして徹底的に文字を減らしました

さぞや大変な時間を要したのでは…と思いきや、作業自体は一日で完了したそうです。

話したいことが脳内で固まっていたので、それをダウンロードする作業してスライドに表現するだけだったとのこと。いかに「考え抜くのが大事か」を物語るエピソードですね。

ご本人はあまり意識をしていなかったかもしれませんが、このスライド作りのプロセスは、そのまま「脳内リハーサル」になります。

脳内で仮想的にプレゼンテーションを進めていくことで、実際のステージの上でもより精度の高いプレゼンテーションを行えるようになります。

オーディエンスは敵ではなく味方である

さて、スライドができた後はいよいよ本番です。どんな体験や気づきがあったのでしょうか。

まず、『皆さんこんにちは!』と挨拶してから少しだけ間を空けてみました。そうしたら、客席からパラパラと『こんにちは~』という返事が返ってきたんです!これで一気に緊張がほぐれました!

この「挨拶の後に少し間を空ける」というテクニックは、私もよく使います。こうすることで、オーディエンスとの距離を縮める効果があると思っているからです。

私にとってはその効果はもはや当たり前に感じつつあったのですが、阿部さんは新鮮な体験として受け取ったそうです。

オーディエンスの反応は、自分のペースをつかむために一番の良薬です。

挨拶というシンプルな言葉のやり取りだけで、ポジティブな影響を得られるのであれば、やらない手はありません。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。