ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「上沼マヂラブ事変」を再考する

「上沼マヂラブ事変」を再考する

いやー、『M-1グランプリ』はやっぱり面白いですね。漫才が面白いのはもちろん、番組としてもかなり見ごたえがあって面白かったと思います。

 

『M-1』が終わると、世間では結果についてあれこれ言い合ったり、審査についてあれこれ言い合ったりするのが恒例になっているわけですが、そんな中で注目されているのが、審査員の上沼恵美子さんがマヂカルラブリーに低い点数をつけて、「好みじゃなかった」と厳しいコメントを残した件です。

 

まず、基本的なことからおさえておきますと。この件で「上沼さんが激怒していた」「怖かった」「ひどすぎる」などという感想を残している人がいますが、個人的にはそこまでひどいとは思いませんでした。当たり前すぎて言うのも照れるんですが、バラエティ番組の中で芸人が怒っている(ように見える)とき、本気の本気で怒っていることなんてそうそうあるものではありません。すべては見る人を楽しませるために行われていることです。

 

そもそも、冷静に考えていただきたいんですが、仮にマヂカルラブリーのネタが面白くなかったとしても、上沼さんがそこまで感情的になる理由がないじゃないですか。自分が悪口を言われたとか失礼なことをされたとか、そういうことではないわけですから。何組かの漫才を見て、その中では面白さが劣っているというふうに感じられた、というだけのことですからね。それ以上でも以下でもありません。

 

あれを「怒っていた」と解釈するなら、上沼さんはテレビに出ているときは四六時中怒っているだけの人、ということになってしまいます。そんなはずはないでしょう、とまずは言えると思います。

 

ただ、一部の視聴者にとって、上沼さんがなぜそんなにきつい感じに見えてしまったのか、ということには理由があると思います。それは、あの日の客席の盛り上がりがすごかった、ということです。

 

前説のくまだまさしさんたちの活躍のおかげか、舞台をセッティングする制作スタッフの皆さんの努力のおかげか、それとも客席にたまたまテンション高めの人が多かったのか、理由はどうあれ、この日のお客さんはいつになく軽かったのです。

 

だから、どの芸人もまんべんなく笑いを取っていました。最終的に10組中10位に終わったマヂカルラブリーの漫才のときにも、お客さんはかなりウケていたように感じられました。

 

恐らく、観客も視聴者も、マヂカルラブリーの漫才を面白いと思って、それなりの満足感を得ていたのでしょう。その割に上沼さんのコメント内容が厳しかったからこそ、それがきつく感じられたのではないでしょうか。

 

その違和感が生まれるのは、上沼さんをはじめとする審査員の皆さんが、客ウケに惑わされずにきちんと審査をしているからです。お客さんがウケたかどうかで判断すればいいのなら、「みんなウケていたから、みんな100点」というふうにすれば済むことです。

 

しかし、それでは審査員は仕事を果たしたとは言えないのです。自分の中に揺るぎない審査基準を持ち、優劣のつけられないものに優劣をつける、というのが審査員の仕事なのですから。

 

私自身もお笑いのライブやイベントで審査員を務めさせてもらったことが何度かあるから分かりますが、実はこういうことってよくあるんですよ。お客さんのノリがいいと、どのネタでも爆笑が起こってしまうので、それに惑わされないように採点をしないといけなくなるのです。

 

「爆笑」と「ゲロスベリ」の違いは誰にでも分かりますが、「大爆笑」と「超大爆笑」の違いは耳で聞いていても分かりません。審査員は自分の感覚を信じて審査するしかないのです。

 

『M-1』で汗をかいているのは出場する漫才師だけではありません。審査する大御所芸人たちも、自分のすべてを懸けてあの舞台に臨んでいるのです。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy