ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ホステルとゲストハウスの違いって? Booking.comに訊いてきた!

ホステルとゲストハウスの違いって? Booking.comに訊いてきた!

先日JAPAN LOCALで紹介した、お菓子だらけのホステル『TRIP POD FUKUOKA』。このホステルについてビー編集部と何気なく雑談していたときのこと。

事件は、唐突に幕を開けた。

ビー「ねえ、気になったんだけどさ」
林田「なんですか?」
ビー「ホステルって、ゲストハウスとどう違うの?」
林田「え……それは、なんか、こう(JAPAN LOCAL編集部を見渡し助けを求めるも、みんな無言)」
ビー「B&Bとは何が違うの?」
林田「え、だから、それは……」

答えられなかった。

私は、ホステルにも、ゲストハウスにも、B&Bにも泊まったことがある。普段は「このゲストハウスおもしろいですね」「ローカルフードを味わえるB&Bですよ」とかなんとか言いながら仕事をしている。

なのに、その違いについてまったく知らない。これは危機である。

宿の定義って、法律的に定められているものなの? それとも曖昧な境界線の上になんとなく成り立っているものなの? わかりかねたので、とりあえず【ホステル ゲストハウス 違い】で検索。でも、公式見解もなければ、公式見解なんてないという情報もない。

(……かくなる上は。)

私は覚悟を決めた。

他力本願だっ!!

Booking.comに訊くしかない!

Booking.comは、世界最大規模といわれる旅行ECサイトだ。229の国・地域にある、150万軒・2500万室以上の宿泊先を検索・予約できる。旅行や出張で、利用したことがある人も多いのではないだろうか。

Booking.comの絞り込み検索には「宿泊施設タイプ」という欄がある。そこでは、(今回私たちの事件の発端となった)ゲストハウス、ホステル、そしてB&Bはもちろん、ホテル、旅館、アパートメントなど、あらゆる宿のタイプが並んでいるのだ。

宿泊施設も、Booking.comの支社も、これだけの数があるのにここまできちんとカテゴライズされているということは、何か情報なり定義なり、持っているはず!

でも、ぶっちゃけ相手にされないと思っていた。だって相手は世界のBooking.com。

しかし、そのわずか2時間後。なんと、Booking.com広報担当部長の岩崎健さんから返事が返ってきたのだ! さらには、取材の時間までいただけることに。なんと親切なことか!

というわけで、宿泊施設の定義ってどうなってるの?という疑問をぶつけてきました!

根本的な話、訊いてみた!

——今日はお時間ありがとうございます! 宿泊施設の定義や、Booking.comではどうされているのかなど、いろいろ聞かせてください。

岩崎:よろしくお願いします。

——宿泊施設の定義について、私も自分なりにいろいろ調べてきたのですが、そこで旅館業法という法律があると知りました。

岩崎:旅館業法は、ライセンスというイメージですね。宿を営業するときにどのカテゴリのライセンスをもらうか、というためのものです。

——でもそのカテゴリって、ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業、下宿営業の4つしかないんですよね。そしてそれぞれに、設備や面積について規定があるという。

岩崎:そうです。なので、「民宿」「ペンション」というな名称はあくまで通称で、旅館業法で定められているものではないんです。また、「カプセルホテル」はホテルとついていますが、旅館業法上ではホテル営業ではなく、簡易宿所営業に分類されます。

簡易宿所営業は、「宿泊する場所を多数人で共用する構造および設備」での営業を指すので、ホステルやゲストハウスはこれに当たります。

——法律上で、「ゲストハウスはこれ」「ホステルはこれ」というような定義もないということですよね。

岩崎:その通りです。

——そのなかで、Booking.comの「宿泊施設タイプ」ももちろん4種類であるはずなく、ホームステイや別荘まで多種多様です。これはBooking.com独自の分類ということですか?

岩崎:はい。Booking.comは1996年にアムステルダムで創立した企業です。グローバルでの定義は、すべてアムステルダムの本社で決められています。したがって、Booking.comで定めている宿泊施設の定義は、必ずしも日本の旅館業法と一致しているわけではありません。

——宿泊施設の定義は、どのような基準で決めているのでしょうか。

岩崎:やはり、大事なのはお客様の目線だと思っています。仮にオーナーさまから「ホテルにカテゴライズしてほしい」とご要望があったとしても、自分がお客様目線に立ったときに「これは旅館だ」と感じる場合は、営業担当とコンテンツチームのメンバーで再度検証させていただき、一度お話させていただくことになるかと思います。

——基本的にはBooking.comの定義にそって振り分けていくけれど、イレギュラーな案件はそのプロセスを踏んで、フレキシブルに対応していくということですか?

岩崎:その通りです。Booking.comは外資系企業なので、その時点でディスアドバンテージがあると感じていますし、日本国内での認知度はまだまだ低いと思っています。そのため、今国内には120名ほどの営業担当がいますが、彼らはできるだけ宿泊施設のオーナーさまと対面でお話させていただき、密なコミュニケーションをとれるよう努めています。

例の件、訊いてみた!

——では、具体的に宿泊施設ごとの定義をうかがっていこうと思います。まずは私が一番気になっている、ゲストハウスとホステルの違いについてお願いします。

岩崎:ホステルは、宿泊客同士の交流の場がある低予算型の宿泊施設です。また、ドミトリールームがある場合が多い、としています。

——低予算というのは予想していましたが、宿泊客同士の交流の場というところも定義に入っているんですね。

岩崎:最近は、空きビルをリノベーションしたおしゃれなホステルも増えてきましたよね。そういうところは、1階がカフェやバーになっていることも多く、宿泊客同士でコミュニケーションをとる場が設けられています。イメージ的にはこんな感じでしょうか。ホステルとゲストハウスの違いって? Booking.comに訊いてきた!

サクラホステル浅草

——まさしくホステルのイメージです。

岩崎:また、ホステルはちゃんとフロントがあるのもひとつの特徴としています。ゲストハウスは、ホテルのような、24時間対応のフロントサービスは提供されていない場合も多いですから。

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy