体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

代官山 蔦屋書店でお茶の話をしたら、DNAと宇宙の話になった!

代官山 蔦屋書店でお茶の話をしたら、DNAと宇宙の話になった! 昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。代官山 蔦屋書店でお茶の話をしたら、DNAと宇宙の話になった!

左が、寝る前にリラックスして読書するとき用の、カフェイン少なめの『焙じ茶』。中央が、集中して読書したいとき用の、カフェイン多めの『深蒸し煎茶』。そして右が、休日の午後に読書するとき用の、山梨産の乾燥白ぶどうと天然フレーバーを使った『白ぶどう茶』だ。

私はまず、この「本を読むとき」というコンセプトに感心していた。

カネジュウ農園は、静岡・牧之原で100年以上の歴史をもち、土づくりから販売まで一貫して行っている茶農園。さらに、蔦屋書店とのタッグということで、商品の信頼度は抜群。なのにそこを「すごいでしょ!」と言わない、むしろ「そのまんまやーん!」なコンセプト。

この潔さの奥には、本を読む「あなた」をまっすぐ主人公に据えることで、私たちがお茶を「自分ごと」として生活にとりいれやすくなる、というロジックがあるのだ。ああ、さすがだなあ、と思った。

しかし、そのまま時だけが過ぎ、実はずっと飲む機会を逃していた——ということを、旅行棚担当の片本さんに白状したのが11月中旬。すると、

「あ、明日試飲会やりますよー!」

なんだって!
即、返事をした。「行きます」。

というわけで『本を読むときのお茶』を飲みに行ったのだが、そのときいろいろ説明をしてくれたのが、カネジュウ農園のTEA BARTENDER、松本貴志さんだった。そして、

① 松本さんの物語があまりにもよくできていて誰かに言いたかった
② 伝統産業が陥りがちな問題としっかり向き合っていた
③ 何はともあれ、お茶がおいしかった

という理由から、急遽記事化させてもらった。

途中からテープレコーダーを回し始めたので、インタビューは唐突に、松本さんが昔Anjin(代官山 蔦屋書店2号館2階にあるカフェバー)で働いていた(つまり蔦屋書店OB!)というところから始まります。

ぜひお茶を飲みながら読んでください!

「お茶の販売の現場で時々、
 感慨深くて、
 泣きそうになる(笑)」

代官山 蔦屋書店でお茶の話をしたら、DNAと宇宙の話になった!

松本:僕の経歴が、皆さん、おもしろいみたいで。

——はい。ここで働いていたとは! カネジュウ農園に行き着いた経緯は?

松本:Anjinでバーテンダーをしている途中で、ソムリエの勉強を始めたんです。こういう製造工程で、こういう農薬を使って、こういうぶどうの木ができるんだと勉強したらおもしろくて。あと、趣味が盆栽なんですけど——。

——多趣味であり多才ですね、松本さん。

松本:いやいや(笑)。でも、今度は庭園管理士のテキストに手を出したんです。そしたら止まらなくなっちゃって(笑)。マネージャーに「すいません、僕、庭師やります」って。

——それでAnjinを辞めて?

松本:マネージャーとは、新しいスタッフを育てたら辞めてもいいという話になっていたので、その子が一人前になったところで辞めましたね。それが1月4日のことです。

——あれ……まだお茶の話が出てきてませんね?

松本:そのときにちょうどカネジュウ農園の方と会ったんです。代官山 蔦屋書店でお茶の話をしたら、DNAと宇宙の話になった!

松本:僕は「土、さわりたいんですよね」という話をして、あちらは「ティーバーを考えていて、バーテンダーを探しています」と。

——適任じゃないですか!

松本:バーテンダーはそこまで興味なかったんですけど(笑)、「土をさわれるなら行きます」と、お茶の「お」も知らずに——。

——現場に飛び込んだと。実際、どうだったんですか?

松本:すごくおもしろかったです。自分たちでお茶をもんで出荷するって、すごいですよ。機械でワー!とお茶を摘んで、それをドーン!とベルトコンベアで流して、それを蒸して……茶工場はサーキットなんです。1秒でも止めたらアウト。延々とお茶が流れていくのを「この乾き具合だったらOK」って確認しながら次の工程に入る。

お茶って永遠に動くものなんですよ。茶工場では茶葉のゴミが出るんです。それをほうきで掃いて、袋に入れて、持っていく先はゴミ捨て場ではなく茶畑なんです。

——肥料ということですか?

松本:そう。茶畑の段々のところの隙間に、残った茶葉を流していくんです。それが永遠に繰り返される。だからお茶は、半永久的に動くんです。

——そうやってお茶を、手作業を通じて学んだり実感したりしていったわけですね。

松本:そうですね。「お茶はこうやってできるんだ!」というのがわかって、実際にそのお茶を飲むと、本当においしかったんです。そうすると販売の現場もまたおもしろくて。「これ、あのときもんでいたお茶だ」と思うと、感慨深くて、時々、泣きそうになる(笑)。やっぱりそういうの、お客様にも伝わると思うんですよね。

——ちなみに、農家が販売もしているというのはめずらしいんですか?

松本:少ないですよね。静岡では一般的に、第一次産業の茶農家がいて、第二次産業として製茶工場、第三次産業として茶商がいるんです。でも、商店街からお茶屋さんがなくなってきている今の時代、茶商も「売り方がわからない」と感じているくらいで。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。