ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アデル、ディアンジェロ、宇多田を支えるクリス・デイヴ、2018年1月に新作を世界同時発売

アデル、ディアンジェロ、宇多田を支えるクリス・デイヴ、2018年1月に新作を世界同時発売

 クリス・デイヴのソロ・プロジェクト名義でのデビュー・アルバム『クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ』が、2018年1月26日に名門レーベルのブルーノートから世界同時発売されることが発表された。

 クリス・デイヴと言えば、アデルやディアンジェロ、エド・シーラン、ジャスティン・ビーバーといったビッグ・アーティストたちのレコーディング/ライヴにドラマーとして参加し、2017年に発表された宇多田ヒカルのシングル曲「大空で抱きしめて」、「Forevermore」、そして12月8日に発売された最新シングル「あなた」のレコーディングに起用され、そのミュージック・ビデオにも出演している天才ビート・メイカーだ。

 そんな彼のソロ・プロジェクト、クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ名義で発表された作品は、2013年に無料で公開されたロバート・グラスパー、サンダーキャットらが参加する『THE DRUMHEDZ MIXTAPE』(現在はストリーミングで視聴可能)と、2017年6月にストリーミングのみで発表されカマシ・ワシントン、クエストラヴ、テラス・マーティン、ハイエイタス・カイヨーテらの参加が話題を集めた『THE DRUMHEDZ RADIO SHOW』に限られており、今作『クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ』が、待望のアルバム・デビューとなる。

 今作には、クリスも参加するディアンジェロ&ザ・ヴァンガードのバンド・メンバーが中心としながら、2016年にリリースされたデビュー・アルバム『マリブ』で話題を集めたアンダーソン・パークや、2012年に【グラミー賞】受賞アルバム『ブラック・レディオ』を共に作り上げたロバート・グラスパー、ケンドリック・ラマーとコラボレーションした「ジーズ・ウォールズ」が【グラミー賞】の「最優秀ラップ/ソング・コラボレーション賞」を獲得した鬼才シンガーのビラル、そして20年以上のキャリアを誇る人気R&Bバンド、ミント・コンディションのメンバーであるストークリー・ウィリアムズなどなど、総勢50名の超一流ミュージシャンが参加している。

 2017年12月25日発売の音楽専門誌『リズム&ドラム・マガジン』(2018年2月号)では、彼のロング・インタビューや、これまで参加してきたほぼすべての作品を沼澤尚、FUYU、石若駿という日本を代表する3名のドラマーの推薦コメントと共に紹介する。さらにマーク・コレンバーグ、mabanuaら最前線を走るビート・メイカー達からの多数コメントの掲載も予定だ。

◎リリース情報
アルバム『クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ』
2018/1/26 RELEASE
UCCQ-1078 2,300円(tax out.)

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・デイヴ & the Drumhedz、来日公演初日が終了 バンドの現在地を“体験”する強烈なライブに
宇多田ヒカル “ミュージシャン・歌手である、というところに焦点”新曲「あなた」ミュージックビデオ公開
ビラル待望の再来日!しなやかでカリスマティックな“時代の歌声”が心を虜にする、透明な空気の夜

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。