ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MIYAVI、【Day 2 Begins】最終公演にEXILE SHOKICHI/SKY-HIらサプライズゲストが登場! 来春ワールドツアー開催も発表

MIYAVI、【Day 2 Begins】最終公演にEXILE SHOKICHI/SKY-HIらサプライズゲストが登場! 来春ワールドツアー開催も発表

 東名阪ツアー【SAMURAI SESSIONS vol.2 発売記念ツアー“Day 2 Begins”】を開催したMIYAVIが、7日に東京Zepp DiverCityで最終公演を迎えた。

 当日のチケットは全て完売。超満員札止めとなった場内は熱気に包まれている。MIYAVIが登場すると、観客の大歓声が場内に響き渡った。『SAMURAI SESSIONS vol.2』に収録された三浦大知との「Dancing With My Fingers」を、この日はソロで披露し、冒頭から会場を大いに沸かせた。

 「毎回帰ってくるたびに、たくさんの人に出迎えて頂いて嬉しいです。俺たちも2018年に向けて、新しいステージを含めて、色々とチャレンジしていきます。2017年は良いこと、悪いこと、たくさんあったと思います。全部吹っ飛ばして2018年ダイブできるように今日は楽しんでいってください」と語ると大歓声が沸き起こる。

 その後、この最終公演にはアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.2』で対戦した、EXILE SHOKICHI、SKY-HI、ちゃんみな、Masato (coldrain)の4アーティストがサプライズで登場し、「Gemstone / MIYAVI vs SKY-HI」「Fight Club / MIYAVI vs EXILE SHOKICHI」「Bumps In The Night / MIYAVI vs Masato (coldrain)」「No Thanks Ya / MIYAVI vs ちゃんみな」とそれぞれのコラボ曲を披露した。各アーティストによる本能と本能のぶつかりあいは観客を魅了し、生での壮絶なバトルは場内を大いに盛り上げた。

 「僕たちはいつかまた、土にかえる中で、何を残せるのか、強く思いながら一瞬一瞬音楽をやっています。次の世代に受け継いでいくという意味でも、未来に対してのメッセージ・生き方を伝えていく責任があるのではないかと思います。」と語ると、MIYAVIの多方面での活躍、生き方に共感する観客が多く見られた。

 そして、来春、自身7度目となるワールドツアーも発表。詳細は後日発表される。

関連記事リンク(外部サイト)

MIYAVI、最新コラボAL第2弾発売 急遽Q&A企画本日開催
MIYAVIのギターで三浦大知が超絶ダンスを披露! 三池崇史が監督を務めた「Dancing With My Fingers」MV公開
MIYAVI、新ALジャケット写真公開 三浦大知&シシド・カフカと『SONGS』出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。