体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ユーザー数1億人は見えてきた。」海外ユーザー96%の外国語Q&Aアプリ「HiNative」のこれまでとこれから。|株式会社 Lang-8喜洋洋

言語のQ&Aアプリ「HiNative」を運営する株式会社Lang-8代表取締役CEOでありエンジニアの喜洋洋さんに、起業のきっかけやサービス開発についてお伺いしました。「HiNative」は、ユーザーの96%が海外ユーザというグローバルなコミュニケーションサービスで、Google Play内でその年に話題となったアプリに贈られる「ベストオブ2017」にも選出されています。

 

起業後にエンジニアが不在。独学でプログラミングを習得。

――喜さんの起業のきっかけを教えていただけますか。

大学生の頃に、中国語の勉強をするために1年間上海に留学していました。そのときに、毎日中国語で日記を書いて中国人の友人に添削してもらい、お返しとして僕が日本語を教えるというランゲージエクスチェンジをしていて、中国語の上達にすごく役立ったんです。日本に帰国するとSNSが流行りだした頃で、「SNSで言語を教えあえたら面白そう」と思ったのがきっかけです。その後起業し、異なる言語のユーザーさんが文章を添削しあうプラットフォーム「Lang-8」を作りました。

 

――当時からプログラミングやデザインはできたのでしょうか。

いえ、全くできませんでした。よく起業したなと思うくらいです。起業して最初の1年はエンジニアはアルバイトの方だけでした。2年目にやっとエンジニアが1人入社し、彼が「Lang-8」の大半をつくってくれたのですが入社1年半後に喧嘩別れをし、僕一人だけになってしまいました。

当時は既にユーザーさんもいる状態だったので、会社にとって大変な危機でしたが起業家として自ら乗り越えなくては、と思いプログラミングを学びはじめました。当時は、エンジニアへ質問できるサービスやオンラインで学べる環境もなかったので、かなり非効率で2年ほど時間がかってしまいました。

 

――既にあるサービスを運営しながらの学習なので大変そうですね。

当時は、とにかくプレッシャーが凄かったです。いつサーバが落ちるか不安で、3時間以上寝られませんでした。当時は今みたいにクラウドではなく、物理的なサーバがオフィスにあったのですが、壊れてデータが飛んでしまうことがありました。エンジニアとは喧嘩別れでドキュメントなども何も残っていないので、まずは壊れても自分で再現できるようにサーバの構成を展開して全く同じものを作れるようにしなければなりませんでした。

 

プログラミングができたことで経営判断にも役立った。

――お一人の状態から今では人を増えていらっしゃると思うのですが、どのようにメンバーを増やしていったのでしょうか。

1年目にインフラ、2年目にRailsを学んで僕自身一通りできるようになり、会社としても人を増やそうという状態になったタイミングで京都から上京してきました。僕がプログラミングできるようになると採用の判断もしやすくなりますし、エンジニアの方からの信頼も得られるようになりますね。それで徐々に人を増やしてこれています。

 

――採用以外で、プログラミングを習得してよかったことはありますか。

たくさんあって、できて無かったらここまでこれていません。経営者としてはプログラミングができるようになってから、ビジネス的な優先順位と技術的な難易度を比較して、判断ができるようになりました。個人的には、非技術職の方も基礎を勉強して、感覚として「こうやって動いているんだ」と理解してもらった方がだいぶスムーズに仕事ができると思いますね。

 

「HiNateve」は、簡単なことを聞いても恥ずかしくない空気を重要視。

――2014年にリリースされた「HiNative」はどのように誕生したのでしょうか。

HiNative」も「Lang-8」とコンセプトは同じで、文章を書いてネイティブスピーカーに添削してもらうサービスです。やりたいことは同じなのですが、世の中がPCからスマホにシフトしていくなかで、スマホに最適化したサービスとして「HiNative」が生まれました。

 

――リリースしてみて、ユーザーさんの反応はいかがでしたか。

「Lang-8」は根強いユーザーさんがついて下さっているのですが、「HiNative」は気軽に使って下さる方が多いです。「Lang-8」は文章をしっかりと書く必要があるので、ストイックなユーザーさんが多いですが、「HiNative」は一言からでも質問できるので、スマホ時代に合っていると感じます。

 

――辞書で調べるような単語も気軽に質問しあっている印象を持ちましたが、そのあたりはいかがでしょうか。

そこは強く意識していています。PCの場合、質問すると「ggrks(ググレカス)」の文化なんですけれど、「HiNative」の世界観はそうではないんですね。そのため、使い始めの段階で「簡単なことでも聞いていいんだ」や「こんなこと聞いても笑われないんだな」という質問に対する不安を取るような設計にしています。

 

人には自分の知識を共有したい欲求が備わっている。

――具体的には、どんなシチュエーションで使われていることが多いですか。

1 2次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。