体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【彼女 IN THE DISPLAY ライヴレポート】『GOLD EXPERIENCE REQUIEM TOUR』2017年11月25日 at TSUTAYA O-Crest

 新たな船出に相応しい濃厚すぎるワンマンだった。地元・福岡を拠点に活動する彼女 IN THE DISPLAYのミニアルバム『GOLD EXPERIENCE REQUIEM』レコ発ファイナルは新旧織り交ぜたセットリストを掲げ、観客を歌わせ踊らせ、さらにはヘドバンにサークルモッシュ…と多様な表現力と怒濤の攻撃性を観せつけてくれた。
 (okmusic UP's)

 RYOSUKE(Vo)が“行こうか、東京!”と叫ぶと、序盤から新作収録の「[1959]」「NEVER SAY NEVER」と畳み掛け、聴き者の背中を押す力強いメロディーで焚き付けていく。流麗な鍵盤と重厚なビートで迫る「LET IT DIE -Hail 2 U-」でフロアーをぐちゃぐちゃにした後、“ディープな感じで…”と前置きすると、新作の中でもエモーショナルな側面に光を当てた「Don’t let me go」「loser」を披露。ラウドなアプローチだけではなく、歌心を押し出したミドルテンポの曲調も素晴らしく、心の琴線を揺さ振る奥深い世界観に多くの観客が聴き入っていた。

 中盤過ぎに“久々にやる曲”と説明すると、「JUSTICE」で大合唱の光景を作り出し、「Let’s get the party!!!」へつなげるアッパーな流れも良かった。後半は「Crazy Diamond」「Paradise Lost」「Overdrive Journey」の3連打で会場を興奮のるつぼ化させ、最高潮の盛り上がりを記録。本編ラストを「アカネ」で締め括ると、アンコールに応え“2018年、TRIADからメジャーデビューします!”という突然の告知に会場はどっと沸く。そして、最終曲「PLATINUM」のプレイ中、涙を流しながら観ているひとりの女性を見つけ、“泣いてんのか? 笑って行こうぜ!”とRYOSUKEが明るく声をかける場面もあり、結成7年目で掴んだメジャーという大舞台を前に、観客の汗と涙を根こそぎ奪い去る集大成的なパフォーマンスで観客を魅了した。ラウドでポップなのに、どこまでも人間臭くて、ポジティヴなエネルギーを放ち続けるライヴに胸を深くえぐられた。
撮影:伊藤由岐/取材:荒金良介
セットリスト
1.GOLD EXPERIENCE
2.[1959]
3.Unlimited
4.NEVER SAY NEVER
5.Black Hawk Down act.3
6.The straight edge dance party
7.LET IT DIE -Hail 2 U-
8.Don’t let me go
9.MAGI
10.loser
11.JUSITICE
12.Let’s get the party
13.COLOR
14.ECHOES
15.Crazy Diamond
16.Paradise Lost
17.Overdrive Jouney
18.アカネ
<ENCORE>
PLATINUM
彼女 IN THE DISPLAY
カノジョ・イン・ザ・ディスプレイ:福岡県博多在住のロックバンド。2010年8月に始動。数々のアーティストとの共演を経て、“音を楽しむ”という信念を忘れず飽きない音楽を作り続けるバンド。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。