ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Migimimi sleep tight インタビュー】ライヴハウスをダンスフロアーに!

さまざまな可能性を追求したミニアルバム『The Lovers』から約1年半。Migimimi sleep tightの世界観を決定付ける2ndミニアルバム『The Massive Market』が完成した。
L→R JOTARO(Ba&Cho)、宮川依恋(Vo&Gu)、松本誠治(Dr&Cho&Perc)、涼平(Gu&Cho&Pf) (okmusic UP's)
──前作の『The Lovers』リリース後、活動の勢いがぐんぐんと増していきましたね。
涼平
「メンバーそれぞれにがむしゃらだったと思うんですけど、今回の作品を作るまでライヴで試行錯誤しながらすごく模索していたんですよ。この作品ができたことでようやく着地できたというか。」
松本
「“君の人生で一番泣けて、一番踊れるバンド”というテーマを掲げて、いろいろなジャンルの音楽を試した曲がたくさんある中で、エレクトロニックな音色を使いながらダンスミュージックに絞っていこうってなってきたんです。」
宮川
「ジャンル、サウンド、ステージでの観え方も前作以上に定まってきて、これがMigimimiのサウンドだって言える作品になっていると思います。」
──全6曲それぞれに魅力があるのですが、おっしゃるようにMigimimiの世界観がタイトになったというか、バンドとしてよりひとつになってきたようなところが良かったです。今回の6曲はどんなふうに選んだのですか?
涼平
「BPM140前後の曲を選びました。「TREES ON FIRE」はちょっと違うんですけど、それ以外のアッパーな曲や、逆にミディアムテンポの曲は外しました。ライヴハウスで踊りやすいテンポなんですよ。」
宮川
「通して聴くと、1回分のライヴを観た感じになれる。」
──あぁ、なるほど。シンセをふんだんに使いながら、ライヴ感やバンド感も感じられるところも良かったです。
涼平
「そこは狙っているところでもあるんです。「Workaholic」以外、同じギターで音色もあまりいろいろ使わずに録ったんですよ。別のバンドではギターもアンプも音色も曲ごとに変えるってことをやっているんですけど、このバンドでは“Migimimiのギターの音はこうだよね”っていうぐらいシンプルでいいと思って、そこは意識しました。」
JOTARO
「僕はシンセに抗うというテーマがありました。だから、どうやったらシンセに負けずにグルーブできるのか、シンセが鳴っていなくてもフロアーを踊らせられるのか、とか考えながらリフやフレーズを作りました。」
松本
「ドラムはフロアーのステップを止めないことを基本に考え、変なフックは入れずにシンプルを意識しました。」
──涼平さんが作った曲が“君”を求める想いをファンタジックかつロマンチックに歌っているのに対して、宮川さんが作詞作曲した「Workaholic」だけ…
宮川
「全然テイストが違いますよね(笑)。現実味がある。サビの《今夜も定時に上がれそうにない》なんて他の人は使わないですよね(笑)。かなりインパクトがあると思うし、ファンの子たちが聴いても共感してもらえるんじゃないかな。」
──バンドの新たな一歩を示したという「MACAU:The Massive Market」ではどんな新しい試みを?
涼平
「EDMではドロップと言って、いわゆるサビがシンセのメロディーになっていることが多いんですけど、普段ロックを聴いている人たちは“歌じゃないの?”と不思議に思うということが分かったので、「MACAU:The Massive Market」ではドロップのあとに歌メロのサビを加えてみたんです。ライヴで聴いてもらったら絶対楽しいと思うんですけど、こういう曲の作り方は今後、Migimimiの新しい武器というか、キャラになっていくんじゃないかな。」
取材:山口智男
ミニアルバム『The Massive Market』
2017年12月6日発売

SPACE SHOWER MUSIC

DDCB-14056

¥1,800(税抜)
Migimimi sleep tight
ミギミミスリープタイト:2016年2月25日、涼平(メガマソ)と松本誠治(the telephones)を中心に、宮川依恋(NEXTRADE)、JOTARO(ex.FUNKIST)の4人で結成。同年5月1日に渋谷VUENOSでバンド初披露となるワンマンライヴを開催、大成功を収めた。 
ミニアルバム『The Massive Market』 トレイラー

https://www.youtube.com/watch?v=4gQMdadERDo

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。