体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どもの繰り返す湿疹は何が原因?ママが知りたい効果的な予防対策

子どもの繰り返す湿疹は何が原因?ママが知りたい効果的な予防対策
子どもの皮膚トラブルで多いのが「湿疹」ではないでしょうか?

汗や乾燥などの要因もあるのですが、大人と子どもの皮膚は違うので、ケア方法も注意しなければなりません。

今回は、子どもの湿疹で考えられる病気、正しい皮膚の洗い方、湿疹の予防対策を、医師の竹中先生に詳しく解説していただきました。

子どもに湿疹ができやすいのはなぜ? 

子どもの皮膚

子どもの皮膚は大人に比べて、約2分の1と言われるほど薄く、周りの環境に左右されやすいという特徴持っています。

しかし、汗腺は大人とほぼ変わらないので小さな体積で同じ汗をかく分、肌が汗ばんだ状態になりやすかったり、肌が薄いために乾燥しやすく、大人に比べて湿疹ができやすくなります。

子どもの湿疹ができやすい部位

子どもの湿疹

汗が溜まりやすい部位

・関節

・手足

・顔

乾燥しやすい部位

・首

・顔

子どもの湿疹で病院に行く判断基準 

肌がかゆい子ども 

子どもがかゆがり、掻いているようであれば、早めに受診されるべきです。傷ができたり、血が出るほど掻きむしっているようであれば、そこから二次感染など、症状がひどくなることもあるので早急に受診するべきと思います。

湿疹が出ていなくても、乾燥で少しカサカサしている時に、症状が進行するのを待つのではなく、予防のために相談するために受診されるのも良いでしょう。いずれにしろ、何か異常がある場合は市販の薬を迷いながら使うより、きちんと診てもらいましょう。

子どもの湿疹で多い病気

子どもの皮膚の病気

皮脂欠乏症性湿疹

皮膚の乾燥からバリア機能を失った日風に様々な細菌やウィルスが付着しそこからかゆみを生じます。最初はかさかさとしたような肌ですが、次第にかゆみが増してくると掻きむしることによる傷がさらなる湿疹の原因となります。

皮脂欠乏性湿疹は、乾燥を防ぐことにより予防することができるので、しっかりとした保湿が1番の対処法です。

もしかゆみや湿疹まで出てくるようであれば、保湿だけでは間に合わないケースが多いためできるだけ早く病院に行って診てもらうようにしましょう。

脂漏性皮膚炎

症状としては、頭や顔面に多く出るニキビのようなブツブツとしたようなデキモノ、フケ、かゆみが挙げられます。

老人や赤ちゃんに多く、分泌する皮脂が多いとそれを餌とするカビが発生して皮膚の炎症を起こします。こまめにシャンプーや石鹸を使用し、清潔に保つようにしましょう。

アトピー性皮膚炎

もともとのアレルギー体質も大きく関係しますが、赤ちゃんの頃からほっぺや体の中心部分を中心に湿疹を繰り返している場合は、アトピー性皮膚炎の可能性もあります。

適切な治療が必要ですが、保湿だけでも随分と症状が軽くなるために、日頃からしっかりと洗って保湿をすることが大切です。

汗疹(あせも)

汗をかきやすい部分、例えば首や背中四肢の関節にできやすい湿疹で、汗を拭きとらずそのまま放置しておくと、その汗が原因で皮膚が荒れてしまうのが汗疹です。

強いかゆみを掻きむしることでさらに皮膚の状態が悪化するので、汗をこまめに拭いたり着替えをしたりすることが必要です。汗をかいたらできるだけ早く、入浴またはシャワーを浴びることがおすすめです。

蕁麻疹(じんましん)

30分から1時間の間に消失する、比較的短時間で消えてしまうかゆみのある膨隆疹です。アレルギーのものを摂取することや触れることで全身どこにでも膨らんだような赤い膨らんだ湿疹ができます。たとえ30分とは言え猛烈なかゆみなので、お子様の場合大抵掻きむしってしまいます。

アレルギーの原因は約7割原因不明と言われておりわかっている3割のものでも食物昆虫花粉日光また感染症の場合、寒暖差、例えば入浴前後などに起こることもあります。

その他にはストレスや運動誘発による蕁麻疹もありますので、もし蕁麻疹が出た場合にはしっかりと原因の追及が必要ですので必ず受診されてください。

接触性皮膚炎

オムツかぶれや合わない繊維を長い時間身に付ける、または冷却シートを貼っていた後に、かぶれたり湿布や咳止めテープでかぶれたりする湿疹のことを接触性皮膚炎といいます。

かぶれの事ですが、原因を取り除いても良くならない場合は必ず皮膚科の先生または小児科の先生の情報が必要です。ひどい場合には受診をされた方がよいです。

小どもの湿疹は何科を受診すれば良い?

小児科で受診 
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。