体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らない街で「一日外出ごっこ」をしてみたら、「十条」に住みたい気持ちがとまらなくなった

『1日外出録ハンチョウ』(週刊ヤングマガジン)という漫画が好きで、欠かさず愛読している。地下の強制労働施設(通称「地下」)で働く多重債務者の男「大槻班長」が、たまの気分転換として「一日外出券」を行使し、知らない街で束の間のシャバを満喫する物語だ。一度に与えられる外出タイムはきっちり24時間。わずかな時間だからこそ、大槻(以下、班長)は一食たりともおざなりにせず、嗅覚を研ぎ澄ませて店を吟味し、真摯にメニューと向き合う。結果、高確率で当たりの店を引き当て、美食にありつくのである。

借金のカタに地下落ちするのは勘弁だが、この「知らない街で一日外出」というのは、じつに楽しそうな遊びだと思う。班長のように一期一会の態度で街と向き合えば、普段なら見過ごしてしまいそうな魅力や楽しさにも気づけるかもしれない。

そこで、班長にならい「知らない街で一日外出ごっこ」をやってみることにした。

公園のベンチで解放される

というわけで、地下でペリカ(※)をコツコツ貯め、一日外出券を購入した筆者。『ハンチョウ』同様、知らない街の公園のベンチで「解放」されるところから外出ごっこをスタートする。

※ペリカ…「1日外出録ハンチョウ」にて登場する、「地下」で流通する通貨。レートは1円=10ペリカで、50万ペリカで「1日外出券」を購入できる。

タクシーで知らないところに連れて行かれる

ちなみに、ここまではアイマスクと耳栓で情報を遮断し、運転手さんに「30分くらい走って、適当なところで降ろしてください」と告げてやってきた。自作自演にはなってしまうが、晴れて「知らない街」に降り立つことができた。

十条富士塚

富士山? 東京都心から30分しか走ってないのに富士山とはどういうことか。
いつの間にか時空を超えてしまったのだろうか。

だが、よく見るとその横に「十條(十条)冨士塚」の文字がある。なるほど、富士塚だったか。十条冨士塚は、江戸時代に富士山に行けなかった庶民たちが築いたもの。ここを富士山に見立てて参拝していたという。とどのつまり、「富士山ごっこ」である。江戸時代の人も、存外筆者と似たようなことをやっていたのかもしれない。

十条富士塚の前に立つ

ククク・・そうか、十条か。
東京都北区に属する下町である。名前は聞いたことがあるが、詳しくは知らない街だ。

というわけで、今回はそんな十条で「一日外出ごっこ」してみたいと思う。

十条富士塚にお参り■知らない街「十条」を歩いてみる

さて、十条とは一体どんな街なのだろうか。
まずはその全体像をつかむべく、ぶらりと歩いてみたところ、とにかく商店街が充実しまくっている街だということが分かった。

十条銀座の入り口

こちらは、JR埼京線十条駅前から伸びる「十条銀座」。“東京三大銀座”の一つに数えられる、巨大なアーケード型商店街。なんでも揃う。

にぎやかな東十条銀座商店街

一方、こちらはJR京浜東北線東十条駅前から伸びる「東十条商店街」。戦前から駅前に商店が集まり形成された、十条銀座と並ぶエリア最大規模の商店街。なんでも揃う。

他にも、大小さまざまな商店街が連なるように四方八方へと伸び、一大商圏を築いている。十条という街には商店街文化がどっしりと根付いていて、そこに大型商業施設の入り込むスキマはまったくないようだ。■安い! 安い! 安い! 50年前の貨幣感覚がある街

まずは「十条銀座商店街」を歩いてみることにしよう。

十条銀座商店街

十条銀座の恐るべき点は、その圧倒的な物価の安さである。ご覧いただきたい。

やさいコロッケが30円の惣菜みやはら

やきとり50円、やさいコロッケ30円にはじまり、

たくさんの定食メニュー

豚の生姜焼き定食500円、アジフライ定食530円、メンチかつ定食にいたっては何と430円である。

マフラー100円
1 2 3 4 5次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。