ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く

フィル・ロード&クリス・ミラー監督、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』からの降板について口を開く
フィル・ロード監督とクリス・ミラー監督は、『スター・ウォーズ』シリーズやルーカスフィルムに特に恨みはないようだ。

2人は11月18日にロサンゼルスで開催された「Vulture Festival」で、『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年に公開予定)からの降板について初めて口を開いた。両監督は6月にこのプロジェクトから離れることになり、ベテランのロン・ハワード監督が受け継いだ。実は、この降板はまったくの円満だったようだ。

フィル監督は、次のように語っている。「この映画の撮影は、実に良い経験だった。最高の出演者やクルー、コラボレーターたちに恵まれた。・・・私たちがこのプロジェクトから去ったということに関しては、みんなが本当に良い方に向かっていたし、そもそも私たちの映画製作の方向性がみんなとは違っていた。そこにはすごく大きなギャップがあり、埋めるのには大きすぎだということが分かった」

そして、笑いながらこう語った。「時に人は別れる。本当に悲しくて落胆するものだけど、それはやって来る。私たちはコラボレーターたちから多くを学んだよ」

降板のあと、2人はしばらく休暇を取り、現在は、自分たちのプロジェクトに取り掛かっている。

またクリス監督は、「現在、私たちは『LEGO(R)ムービー』続編(2019年2月8日に全米公開予定)の脚本を書いていて、劇場版アニメ『スパイダーマン』(2018年12月に全米公開予定)のプロデュースに取り掛かっている」と語った。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『タイタニック』ジェームズ・キャメロン監督、ジャックが生き残れた説をいまだに否定
クリスチャン・ベイル、バットマン役復帰に1億ドルオファー? 米ワーナーは噂を否定
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新キャラクターのポーグが、公開前にもかかわらず大人気!
ディズニー/ピクサー新作『リメンバー・ミー』、米国で好スタートも同時上映の『アナ雪』短編が長過ぎると不満続出
トム・ハンクスに向かっておなら!? ジョシュ・ハッチャーソンが子役時代の赤っ恥エピソードを告白

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。