体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジカン×FEEDER、対バンツアー開幕

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが12月1日(金)・2日(土)に2017年にデビュー20周年を迎えたUKを代表するロックバンド・FEEDERとの対バンツアーをスタートさせ、宮城県・SENDAI GIGSにて、androp、クリープハイプという対バンとしては初顔合わせとなるフレッシュなゲストバンドを迎えての公演を行なった。
12月2日(土)@宮城県 SENDAI GIGS photo by  山川哲矢 (okmusic UP's)

今回のツアーでASIAN KUNG-FU GENERATIONは、現在制作中のアルバムの中から未発表の新曲も披露。その中の1曲「SLEEP」は、アジカン史上初となる、他アーティストから楽曲提供を受けての新曲で、今ツアーの対バン相手、FEEDERのグラント・ニコラス(ボーカル&ギター)がアジカンのために書き下ろしたもの。FEEDER節とも言える軽快でいて美しいメロディラインにのせ、現在への批評的な目線を持ちながらも未来への希望が歌われる、アジカンならではのポップパンクチューンに仕上がっている。アジカンの新たなビジョン提示とも言えるそんな新曲が、楽曲提供者であるFEEDERとのセッションによって披露される。そこにこのツアーの価値が凝縮されているようでもあった。

12月2日(土)の公演では、後藤正文がFEEDERの想いを代弁する印象的な一幕も。「このツアーが東京と大阪だけではないことにとても意味があると思う。FEEDERのタカさん(ベースのタカ・ヒロセ)は震災当時から僕たちにメッセージをくれて、色んな事をしてくれている。周りのバンドメンバーもとても心を痛めて、日本のことを想ってくれていて。その想いが今こうやってかたちになったことがとても嬉しい」と語り、仙台のファンに向けて感謝の言葉と共にエールを送った。

12月4日(月)と12月5日(火)の2日間は大阪公演、12月7日(木)と12月8日(金)の2日間は東京公演と、残すところあと4公演。ASIAN KUNG-FU GENERATIONというバンドの特異性が際立つ今ツアーを、是非目撃してほしい。

photo by 山川哲矢
『ASIAN KUNG-FU GENERATION × FEEDER Tour 2017 Supported by PIA』
12月04日(月) 大阪府 なんばHatch

出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / FEEDER / 8otto

12月05日(火) 大阪府 なんばHatch

出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / FEEDER / Nothing’s Carved In Stone

12月07日(木) 東京都 豊洲PIT

出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / FEEDER / ストレイテナー

12月08日(金) 東京都 豊洲PIT

出演:ASIAN KUNG-FU GENERATION / FEEDER / ART-SCHOOL

■ツアー特設サイト

http://www.akglive.com/akg-feeder/
Blu-ray&DVD『映像作品集13巻~Tour 2016-2017『20th Anniversary Live』at 日本武道館~』
発売中

【完全生産限定盤(Deluxe Edition)】(Blu-ray+CD)

KSXL-232~233/¥9,200+税

※プレイパス対応

(1)三方背BOX仕様

(2)Disc 2 (Live CD):「20th Anniversary Live」全7公演からセレクトされた『ソルファ』全12曲のライブテイク+ボーナストラック「夕暮れの紅」 (Studio Recording)

(3)1月10日&11日 日本武道館公演のバックステージ&ライブ写真で構成された80ページに及ぶブックレット (撮影:ミッチ・イケダ)

(4)「20th Anniversary Live」バックステージパス封入

【通常盤】(Blu-ray)

KSXL-234/¥6,000+税

※プレイパス対応

【通常盤】(DVD)

KSBL-6285~6286/¥5,300+税

※プレイパス対応
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。