ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゼンリンデータコム、新カーナビアプリ「転ばぬ先のナビ」をリリース

ゼンリンデータコムは 12 月 1 日、阪神高速を経由するドライバーの事故防止のために事故頻発地点を特別に案内する新カーナビアプリ「転ばぬ先のナビ」を機関限定でリリースしました。大阪市・神戸市・京都市とその近郊を繋ぐ阪神高速道路は国内有数の路線数と流通量を誇るため、事故も相対的に多く発生しています。そこで「転ばぬ先のナビ」では通常のカーナビとしての機能に加えて、阪神高速道路株式会社より提供される事故注意地点の情報を基に約 60 箇所の事故注意地点を案内することで、事故の発生を抑制します。この特別な注意喚起機能は、画面表示と発話でドライバーに伝え、リアルタイムの交通状況(VICS)や交差・分岐点なども音声で案内します。また方面の看板や交差点の拡大図などカーナビさながらの画面表示でドライバーを適切に誘導します。アプリはドライバーに危険箇所を案内し、注意喚起するという実証実験の手段として用いられており、2018 年 2 月末までの期間限定で提供されます。「転ばぬ先のナビ」(Google Play)

■関連記事
TeamWin、TWRP 3.2.0-0をリリース、Pixel 2のサポートを改善
Android TVの初期セットアップが今ではとても簡単に
Samsung、お値段16万からのラグジュアリーなクラムシェル型スマホ「W2018」を正式発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。