体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界中の高校生が津波や防災について話し合う! 「『世界津波の日』高校生サミット」とは?

まずはみんなに質問!

 

「11月5日」は何の日か知ってる?

 

答えは「世界津波の日」。

 

国連によって定められた記念日だ。

 

津波による被害は世界中で起こっている。

 

津波は他の災害に比べると発生頻度が少ないが、ひとたび起きてしまうとその被害は甚大なものに…。

 

例えば、2004年12月に発生したスマトラ沖大地震。

 

この地震で発生した津波がインドネシア、タイ、インド、スリランカなどの沿岸部を襲い、20万人以上の方が亡くなったという。

 

そして、2011年3月の東日本大震災。津波によって町が流され、約2万人もの命が失われた。

 

こうした津波の脅威から人々を守るために、日頃から津波に備え、その被害を最小限に抑える目的で定められたのが「世界津波の日」

 

11月5日を中心に、各国で津波防災をテーマにしたイベントが行われる。そのひとつが日本で開かれた「『世界津波の日』高校生サミット」

 

一体、どんなイベントなんだろう?

 

イベントを後援する外務省の、国際協力局 地球規模課題総括課 の藤浪武志(ふじなみ・たけし)さんにお話をうかがった。

 

1.「世界津波の日」はどのようにして始まったの?

2.「世界津波の日」はなぜ、11月5日なの?

3. 津波の被害を最小限にするために、災害に関する知識を得ることが重要

4. 今年のサミットには、26カ国・約250人が参加

5. 防災業務を通じて世界の平和にかかわれるのが、やりがい

6. 高校生の皆さんへ

「世界津波の日」はどのようにして始まったの?

世界中の高校生が津波や防災について話し合う! 「『世界津波の日』高校生サミット」 「『世界津波の日』は日本を含む142カ国の提案で制定された国連の記念日です。

 

2015年の国連総会で、津波の脅威と対策への意識を高めようと日本が「世界津波の日」の制定を呼びかけたところ、満場一致で採択されました。

 

海がなく津波が起こらない内陸の国々も賛同してくれました。

 

津波防災を考えることは、すべての自然災害の備えを考えることにもつながると、各国が理解を示してくれたのです」

 

そして、藤浪さんはこんなことも教えてくれた。 「日本は諸外国に比べ、自然災害が多い国です。

 

地震、津波、台風、土砂災害、噴火、雪崩など、古くからたくさんの災害を経験してきました。

 

その分、防災に関する豊富な知識や技術をもっていて、その蓄積は世界でもトップクラスといえるでしょう。

 

そうしたノウハウを生かし、日本は先頭に立ってさまざまな国際協力を行ってきました。

 

例えば、途上国の人たちが災害に備えられるよう、避難施設をつくったり、津波警報システムの技術を提供するなどの支援です」

 

つまり、津波などの自然災害に対する防災の分野では、日本は世界のリーダー的な役割を果たしているんだ。

 

「世界津波の日」はなぜ、11月5日なの?

「それは江戸時代にさかのぼります。津波から多くの人々の命を救った『稲むらの火』という逸話にちなみ、11月5日(※1)に制定されました」

世界中の高校生が津波や防災について話し合う! 「『世界津波の日』高校生サミット」

 

これは、江戸時代後期の安政元年(1854年)11月5日、紀伊半島や四国などを中心に安政南海地震が発生したときの逸話だ。

 

和歌山県の海沿いにある広村(現・和歌山県広川町)を治めていた濱口梧陵(はまぐち・ごりょう)が、その地震の大きさから津波がくることを察知。

 

村人を高台へと避難させるため、自らの稲の束(稲むら)に火をつけて目印にし、多くの命を救ったと伝えられている。

 

その後、濱口梧陵は私財を投げうって、村に堤防をつくった。

 

この堤防があったおかげで、それから92年後(1946年)の昭和南海地震のときも、津波災害から多くの命を守ることができた。

 

(※1)日本では、東日本大震災が発生した2011年に、11月5日を『津波防災の日』と定めている。

 

津波の被害を最小限にするために、災害に関する知識を得ることが重要

この「稲むらの火」から私たちが学ぶべき教訓には、次の2つがあると藤浪さんは話す。

 

●地震が発生したら、すぐに高台へ逃げる。

●津波が起きやすい地域には堤防や避難施設をつくり、被害を最小限に抑えるよう備える。

 

世界中の高校生が津波や防災について話し合う! 「『世界津波の日』高校生サミット」 「これまで世界で起きた津波災害では、津波の恐ろしさや避難方法を知らずにいたために、多くの命が失われました。

 

そうした犠牲者を出さないよう、日本は『世界津波の日』をきっかけにして、先人が培ってきた伝統的知識を世界に伝えていきたいと考えています。

 

そのためには、将来を担う若い世代への防災教育が重要

 

そこで開催されたのが、世界中の高校生が津波防災について共に学び、議論をする高校生サミットです」

 

今年のサミットには、26カ国・約250人が参加

そうして、初めての「『世界津波の日』高校生サミット(以下、高校生サミット)」が開かれたのは、2016年。

 

高知県の黒潮町で2日間にわたって行われ、日本を含む30カ国の高校生約360人が参加した。「自然災害から生き抜くために、次世代を担う私たちにできること」をテーマに、12のグループに分かれて意見交換を行い、最終日にはグループごとに発表。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。