体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レゴランド・ジャパン ホテル&水族館が2018年4月にオープン!【名古屋】

レゴランド・ジャパン ホテル&水族館が2018年4月にオープン!【名古屋】

2017年4月1日にオープンし日本初と話題になった「LEGOLANDJapan(レゴランド・ジャパン)」。

遂にオフィシャルホテルが2018年4月にできるとの情報が飛び込んできました。

行ったことがある人は分かるかと思いますが、できるのはレゴランドの目の前!

外観、内装すべてレゴの世界が広がっていて、写真を見ているだけでもファンにはたまりません!

そしてなんとレゴブロックに囲まれた水族館「SEA LIFE」もできるとのこと。

この水族館、世界50カ国以上にある世界最大の水族館ブランドなんです!

海外で人気のホテルに水族館、いったいどんな内容なのかまとめました。

<目次>

■レゴランド・ジャパン・ホテルがオープン!

■気になるテーマごとの部屋は?料金は?

■水族館「SEA LIFE」は4月15日先行オープン!世界初のエリアも!

記事配信:じゃらんニュース

LEGOLAND Japan Hotel(レゴランド・ジャパン・ホテル)が2018年4月28日開業!

「レゴランド・ジャパン・ホテル」は外観から内観に至るまでレゴブロックの世界が広がるホテル。

荘厳なドラゴンやレゴブロックの仕掛け、世界観を思い切り楽しめるベッドルームなど、子どもの想像力を導き出し、楽しい思い出を築くことをテーマに作られています。

様々なテーマの客室は、冒険に満ちた海賊の世界、勇敢な騎士の世界、高貴なファラオの世界など、子どもも大人もわくわくになるポイントがいっぱい!

それでは早速気になる各フロアをご紹介します。

まずはココから!<1階>エントランス、ショップ

エントランスイメージエントランス&ショップ前イメージ

エントランスに入ると、入口を守る荘厳なドラゴンがお出迎え。(写真にはないので続報をお待ちください!)

レゴブロックで遊ぶことができるスペースがあり、子どもはすぐに夢中になりそう。

チェックイン時、暇そうにしていることが多いので、これは嬉しいポイントですね。

また、ショップも併設されるそうで、レゴ商品を中心に子どもが喜ぶグッズがたくさん並ぶそう。

ここだけしか買えない限定商品も販売予定だとか!クリエイティブワークショップイメージ

ホテル内では楽しくレゴブロックの作り方を学べるワークショップを開催予定。

専用の部屋が用意されています。

ごはんも充実♪<2階>ブリックス・ファミリーレストラン、スカイライン・バー

ブリックス・ファミリーレストラン

ブリックス・ファミリーレストランイメージ

朝食と夕食を味わえるレストラン。

ブリックス・ディナー・ビュッフェは食べ放題形式。

手作りのスープ、サラダバー、注文時にスライスしてくれるお肉、デザートなど家族みんなで楽しめる幅広いメニューが揃います。

3歳以下の子どもは無料なのも嬉しいポイント!

スカイライン・バー

スカイライン・バーイメージ

毎日、昼食と夕食の時間帯に営業しているレストラン。

前菜をはじめとしてビール、ワインなどお酒も揃います。

さらに、海外のマスター・モデル・ビルダーが設計したレゴブロックのスカイラインが設置され、見ているだけでも面白そう! >>>続いては個性的な客室をご紹介します♪


海賊の気分で航海へ!<3・4階>パイレーツフロア

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。