体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【舌対音感】第9回:オカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)「俺が恋した香港フードたち」

f:id:Meshi2_IB:20171120121054j:plain

「旅をしない音楽家は不幸だ」という言葉を残したのはモーツァルトだが、では、旅する音楽家の中でもっとも幸せなのは? それはやはり、その土地土地ならではの旨いものを味わい尽くしている音楽家ではないだろうか。そこで! ライブやツアーで各地を巡るミュージシャンたちに、オススメのローカルフードや、自分の足で見つけた美味しい店をうかがっていこうという連載企画。

今回は、2017年10月に通算13枚目のオリジナル・アルバム『CRACKLACK』をリリースしたバンド=SCOOBIE DOのドラマー、オカモト“MOBY”タクヤさんが登場。

全国各地のラーメン店や酒場を巡るのが好きな彼は、ここ10年近くは香港に何度も行き来しているのだそう。好きが高じて香港政府観光局からも「香港通」の称号までもらうようになったMOBYさんに、香港にハマったきっかけ、そして独自に進化を遂げた意外なローカルフードを語ってもらいました。

話す人:オカモト“MOBY”タクヤ

オカモト“MOBY”タクヤ

1995年結成のファンクバンド「SCOOBIE DO(スクービードゥー)」のドラマー。早稲田大学第二文学部卒。バンドのマネージャーも兼任。近年は執筆やラジオMC、DJ、MLB中継の解説者としての活動も行う。音楽、グルメ、旅などさまざまな情報を自身のTwitterやブログ で発信し続けている。

香港のシャコに衝撃を受け……

── MOBYさんは、音楽業界の中でもラーメンの食べ歩きや酒場巡りの通という印象がありますが、そもそもどのようにしてはじめたんですか?

SCOOBIE DOは2002年にメジャー・デビューしたんですけど、デビュー前に全都道府県ツアーというのをやりまして。その頃、僕らのマネージャーをやっていたのが、この連載にも出ていた田中貴さん(サニーデイ・サービス)だったんです。そこで彼からラーメン店巡りの薫陶を受けまして。全国各地の美味いラーメンを食べ歩いて一気にラーメン偏差値が上がったんですが、どちらかというと街の老舗ラーメン店に行くのが好きで。それから、いろんな街を歩くようになったんです。

── 酒場巡りも街歩きの延長線上にあるんでしょうね。

もともと大学時代に通ってた、早稲田の〈やきとり一休〉って酒場があるんですけど、そこがなぜかしっくりくるというか。あとインディー時代のレコーディングスタジオの近くにあった、西船橋〈まる福〉。スタジオで練習が終わってから煮込みをつまみに飲んで帰るっていうのが定番で。だから学生時代から大衆酒場になじみがあったんです。で、バンドでツアーをまわるようになったら、そういう酒場っていろんなところにあるんだなって知って。たとえば福岡なら屋台や角打ちに行ってみたり。なんでみんな酒屋さんで飲んでるんだろう? 無駄がなくて最高だ! なんて面白さを感じてた頃に、BSで吉田類さんの『酒場放浪記』を知ったり、太田和彦さんの本を読むようになって、酒場巡りもするようになったんです。

f:id:Meshi2_IB:20171115121313j:plain

── 酒場の話はまたあらためてうかがうとして……そんなMOBYさんは、ここ10年近く香港にハマっているそうですね。

初めて香港に行ったのは2006年12月。本当にいろんな偶然が重なって、いとうせいこうさんに香港に連れていってもらうという幸運に恵まれまして。それまで、とくに香港について知識があったわけでもないし、そもそも海外旅行自体が学生時代以来10年以上ぶりで。何もわからず香港に連れられて、現地で最初に入った〈東寳小館〉という市場の中にある食堂で食べた「シャコの素揚げ」が、なんだこれ! って驚くほどに美味しくて。

── 「シャコの素揚げ」ですか!? シャコといううと寿司ネタのひとつぐらいの認識しかないですが。

寿司ネタの大きさとは全然違う、伊勢海老ぐらいにデカいシャコなんですよ。『風の谷のナウシカ』の王蟲を想像してもらえれば近いと思うんですけど(笑)、それを刻みニンニクと一緒に揚げただけっていうシンプルな料理で。結構トゲトゲした甲羅を剥いて食べたら、エビとカニの美味しさを足して、しかも2で割ってない(!)ものすごく濃厚な美味しさだったんです。

── 足して2で割らないって! それって甲殻類最強の美味じゃないですか(笑)。

もうね、これさえあればエビもカニもいらないやってぐらいにうまかった。その〈東寳小館〉ってお店は、何を食べても美味しいし、どの料理も何かひと工夫されてて、地元の人にすごく評判のお店だったんです。そこで香港への興味が一気に湧きまして。2006年12月に初めて行って、翌年5月にはもう単独で2回目行ってましたからね。そうして香港の街を探索しているうちに、自分は街歩きが好きなんだってあらためて気づいて。それからだいたい年1回のペースで行くようになりましたね。

f:id:Meshi2_IB:20171115123329j:plain

超級香港迷に任命される

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。