体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豚ロース串から卵黄がトロ〜リ!東京・蒲田で出会った「いちのへ巻き」は、やきとん界の大発明だ

f:id:Meshi2_Writer:20171101103803j:plain

こんにちは、パリッコです。今回も調査という名の飲み歩き活動にいそしんでいきたいと思います。

はじめの1杯100円!

先日、 東京・蒲田の街をあてもなく徘徊(はいかい)していると、真昼間から営業中の新しい飲み屋さんができているのを発見しました。

店名、外観、外から見える店内の雰囲気やメニュー、どれをとっても気になって、ついふらっと吸い込まれてみたら、これがとんでもない名店だったんです!

f:id:Meshi2_Writer:20171101104939j:plain

▲蒲田の飲み屋街「バーボンロード」

西口、東急線の高架下に沿って伸びる昔ながらの渋〜い飲み屋街「バーボンロード」は、蒲田に来たら一度は歩いておきたくなる通り。

場所柄、夕方以降にオープンするお店が多いんですが、先日、そこに昼飲みができる新店がオープンしているのを見つけました。

f:id:Meshi2_Writer:20171101104155j:plain

「肉のいちのへ」

こちらです。

正確には、駅からバーボンロードへと続く「くいだおれ横丁」に位置する「肉のいちのへ」というお店。

オープンは2017年の8月らしく、見るからにピッカピカではありますが、店名より大きく「やきとん 煮込」と染め抜かれたのれん、ビールケースなどを駆使した席の大衆的な雰囲気、そして何より、

f:id:Meshi2_Writer:20171101104329j:plain

「この席はじめの1杯100円」

こういう庶民の立場に立ったサービス精神! どこをとっても魅力的じゃないですか。

店内ポイ捨てOK

店内1階は、カウンターと簡易テーブル数席。

f:id:Meshi2_Writer:20171101104231j:plain

シンプルで、ひとりでも数人でも居心地抜群です。

f:id:Meshi2_Writer:20171101104532j:plain

ハードコアスタイル!

こういう昔ながらの大衆酒場文化を踏襲した雰囲気も素敵。

近年、見せかけだけの昭和レトロではない、きちんと酒場文化をリスペクトした新しいお店が続々とオープンしていて頼もしい限りですが、ここも本気のお店に間違いないでしょう。

部位ごとに細かい価格設定が

ではでは、

f:id:Meshi2_Writer:20171101104633j:plain

▲手前「クリアアサヒ生 中ジョッキ」(280円)、奥「 スーパードライ生」(380円)

かんぱ〜い!

この日は友人と2人でおじゃましたので、僕はあえての発泡酒を選んでみました。

しかしどっちも安いな!

f:id:Meshi2_Writer:20171101105105j:plain

串焼きラインアップ

部位によって価格、そして味付けが細かく設定されており、こだわりを感じます。

そして、

f:id:Meshi2_Writer:20171101105404j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。