体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語で自己紹介する人必見!「部活で頑張ったこと」を英訳&解説

英語の授業の課題、ホームステイ先、留学生との会話、受験…などなど。

 

高校生にとって、英語での自己紹介が求められる場面は意外と多いもの。

 

部活を頑張っている人にとっては、「部活内での自分のポジション」や「大会での結果」などについて話したいのに、英語でどう表現すればいいかわからない…という人もいるはず。

 

そこで、『英語は一日一言覚えれば話せます』の著者で「コペル英会話教室」の校長を務める人気英会話講師・イムラン・スィディキ先生に、部活内容を英語で伝える表現方法を教えてもらうことに!

 

英語で自己紹介する人必見!「部活で頑張ったこと」を英訳&解説

 

海外には「部活動」という単語がない!?

英語で自己紹介する人必見!「部活で頑張ったこと」を英訳&解説

そもそも「部活」って英語で何て言うんだろう?

 

「日本でいう『部活動』のようなものは海外にはないので、英訳すると『extracurricular activities(課外活動)』が一番近いと思います。

 

ただ、『私は部活(課外活動)をしています』と伝えると、『具体的には何をしているの?』となってしまうので、『私はバスケットボール部に入っています』などと表現するのが一般的。

 

実際の会話では、『部活動』という単語はあまり使わないかもしれませんね」

 

なるほど!

 

確かに、「部活動」という英語よりもそれぞれの部活の英語名を覚えておくほうが役に立ちそう。

 

でも、「◯◯部」ってどうやって表現すればいいの? 「『◯◯部』と英語で表現するときは、名称の後ろに『team』もしくは『club』をつけます。

 

運動部系は『team』、文化部系は『club』で表すことが多いですね。

 

『club』には『愛好家』という意味が含まれるので、例えば『soccer club』のように『スポーツ+club』で表すと、『観戦することも含めてサッカーが好きな人たちの集まり』というような意味になるので、間違いではありませんが、日本でいう『部活動』とは少し異なります」 運動部と文化部では、表現の仕方が違うんだ!

 

ちなみに、各部活の英語表記はこちらからチェック!

 

プレイヤーとして頑張っていることを伝えたい!

英語で自己紹介する人必見!「部活で頑張ったこと」を英訳&解説

部活での頑張りを伝えるには、大会での成績や日々の練習内容を伝えるのが一番!

 

そこで、まずは「選手として頑張っていること」を書いた日本語の例文を英訳&解説してもらうことに!

 

※英訳は、自己紹介をする際などに伝わりやすいように日本語表現を置き換えている部分があります。受験などで問われる「直訳」とは異なります。

  ▼私は、バレー部でセッターをしています。アタッカーが打ちやすい場所にボールを上げることを常に考えています。 I’m the setter in my volleyball team. I always try and imagine how I can get the most out of the spiker.

「打ちやすい場所にボールを上げる」は、「get the most out of the spiker(スパイカーを最大限に活用する)」と訳すと伝わりやすいですね。

 

▼チアリーディング部に所属しています。タイミングが重要な競技なので、メンバーに声をかけて、みんなの気持ちが一つになるように心がけています。 I’m on the cheerleading team. Timing is very important in cheerleading, so I try and create a sense of unison among the members by encouraging communication.

(チアリーディングはタイミングがとても重要なので、メンバー同士のコミュニケーションを活発にすることで、一体感を作るようにしています)

 

「気持ちが一つになるように心がける」は「try and create a sense of unison」と表現するとわかりやすいです。

  ▼高校1年生のときにサッカー部に入部してから、1日も休まず練習に参加しています。部活が休みの日は、家で筋トレやリフティングなどの自主練習をしています。 I’ve been practicing soccer every single day since Day 1. When I don’t have practice, I work out and do lifting at home.

「筋トレ」は「work out」、「自主練習」は「(do ~)at home(自宅で~する)」。「1日も休まず」は、「every day」でも間違いではありませんが、「every single day」と表現することで「毎日欠かさず」と、より強調された言い方になります。

 

▼バスケ部に所属しています。レギュラーではないのですが、練習試合に出させてもらえたときは、最後まであきらめずにボールを追い、チームに貢献できるよう全力で挑んでいます。 I’m on the basketball team. I’m not in varsity, so I don’t get much chance to play in games, but when I get a chance to play, I put in everything I have and contribute to the team.

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。