体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「TwitterでLJKを演じる。」新卒1年目社長&事業責任者のサービスづくり|MIWAKU 藤井 香那&ユナイテッド 村田美寿穂

藤井 香那:株式会社MIWAKU代表取締役社長CEO。2017年3月横浜国立大学卒業。ゴロー株式会社には2014年からインターンとして従事し、同社の発展を中核メンバーとして支えてきた。2017年4月にユナイテッド株式会社の社内起業支援制度「U-start」を活用して子会社MIWAKUを設立。チャット型小説アプリ「ちょこっと」を運営している。

村田美寿穂:2017年3月青山学院大学卒業。ユナイテッド株式会社 Kazary PJ責任者。2017年◯月にユナイテッド株式会社の社内事業「スタートUアップ」(現U-CHALLENGE)で優勝し、事業立ち上げを行う。カフェや美容室等の空間を展示場所とし、クリエイターとマッチングさせる「Kazary」を提供中。

新嘉喜りん(聞き手):2012年ユナイテッド株式会社入社。現在キラメックス株式会社広報担当。

自分自身が代表であり続けることに拘らない。

新嘉喜:本日はよろしくお願いします!最初に事業立ち上げのきっかけを教えてください。

藤井:大学時代に株式会社アラン・プロダクツ(旧ゴロー株式会社)で約3年間インターンをしていたんですけれど、そこではインターン生という立場でしか働けなかったのですが、会社のバイアウト※という成功体験があったときに、今度は自分で成功体験を実現したいという気持ちがありました。
※2016年9月、アラン・プロダクツ(旧ゴロー)評価額13.5億円でユナイテッド株式会社の子会社化。

ユナイテッドにジョインしたタイミングで起業を考えていて、そのときに手嶋さん(ユナイテッド取締役 兼 常務執行役員)とお話をしてユナイテッド内で起業する機会をいただいたのがきっかけです。

新嘉喜:自分で起業する選択肢もあったと思うのですが、社内起業を選んだ決め手はなんですか。

藤井:自分が必ず会社の代表であり続けたいという気持ちは実はなくて、大きなプロダクトを作りたいんです。一番好きなプロダクトがAmazonなんですけど、Amazonみたいな大きなプロダクトを作りたいという気持ちが強くて。ただ、まだ未熟なので、そこにいくには何ステップも必要だと思っていて、まずはゼロからプロダクトを作れることが必要だと思っていたんですね。会社をつくるには資金集めなども大変なので、最速、最短で会社とプロダクトが作れるいいお話をいただいたので決めましたね。

新嘉喜:プロダクトに集中できるところが大きかったんですね!Amazonが一番好きな理由は何ですか。

藤井:AmazonはITというかゴリゴリの配送業で、なくてはならないサービスになっているところが素晴らしいと思うんです。一番好きなのがAmazonプライムという、ユーザーに年間約4,000円を課金させてまでこのサービスに入りたいと思わせる価値を創り上げたのが凄いなと思っていて。私はユーザー課金がサービスの本質だと思っていて、そういうプロダクトを作りたいですね。

 

内定者で事業創出プログラムで優勝し、責任者に抜擢。

新嘉喜:村田さんはユナイテッド社内で新卒1年目にして事業責任者の立場ですが、きっかけはなんだったのでしょうか。

村田:大学は芸術学部だったので、アートやクリエイターといった芸術分野にずっと触れていたんですけど、芸術自体が世の中に広まっておらず狭い世界のものだなと思っていて、どうにか広めたいという気持ちがずっとあったんですね。なので、学生時代にフリーペーパーを作ったりしていたんですけれど、影響力は大きくなくて。その頃から、ぼんやりとですが一つの事業として、芸術をインターネットの力で広めていきたいという思いがずっとありました。

その後2016年にユナイテッドの内定者として、子会社のキラメックスでインターンをしていたのですけど、サービスが成長するところを近くで見ていたり、ユナイテッドの新規事業案を考えるキャンプに参加しているうちに、自分でやりたい思いがどんどん膨らんでいって。そのタイミングで、内定者でも参加資格のある事業化を前提とした事業創出プログラムがあって参加して、有り難いことに優勝でき、事業化の機会をいただけました。

新嘉喜:内定者で優勝、すごいですね。

村田:インターネット業界での経験は内定者インターンしかなかったのですが、やりたい気持ちと環境が目の前にあるのに絶対嘘はつきたくないと思い、行動をしたこと自体に大きな意味がありました。事業に対して熱意を持った人が挑戦できる環境が、ユナイテッドにはあると実感しています。

 

「怖い」体験は人に伝えやすいからヒットした。

新嘉喜:藤井さん、株式会社MIWAKUの事業内容を教えていただけますか。

藤井:今は「ちょこっと(chocot)」というチャットのように読み進められるアプリを運営しています。元々海外で「HOOKED」という、タップでチャットのように読めるアプリが流行っていたんですね。現在ほとんどの人がLINEやFacebookメッセンジャーなどのチャットを使っているので、その形式でお話が進んでいくというのは新しいと感じていたといました。一方で、日本にはずっとケータイ小説という文化あって、今でも「魔法のiらんど」は根強いファンがいて、月間数億PVあると言われているんですね。ただ、サービスがスマホライクではないんですよ。チャットのUIに人々が慣れているというところと、ケータイ小説という台詞が多いストーリーが根付いているというところでサービスを作ろうって決めました。

10月まではプロの方に頼んで作品を書いてもらっていたんですけれど、11月からはユーザーが投稿できる機能というのを追加して今はCGM※としてサービスを提供しています。
※ユーザーによるコンテンツ投稿型メディア

<画像>

 

新嘉喜:いろんなアイディアを検討したと思うんですけど、藤井さん自身がチャット型小説を「やりたい」と思った決め手はなんですか。

藤井:個人的に、スマホアプリとCGMにものすごく興味があったんです。私もずっとケータイ小説にハマっていたのでとても思い入れもあって、CGMができるのでやりたいと思って。難易度は高いと思ったんですけど、100%子会社で大胆に挑戦できるという機会がある中で、こういった話題性のある分野で挑戦したいと思いました。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。