体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「淡路島3年とらふぐ」×温泉宿で贅沢ふぐ旅!淡路島の宿6選【兵庫】ふぐグルメ情報も!

淡路島3年とらふぐのスペシャリテ

冬の島グルメ「淡路島3年とらふぐ」の季節がやってきました!全国のふぐ生産者からも「身の引き締まりが違う」と評価されています。そこで今回は、ブランドふぐ×温泉宿の醍醐味をたっぷりご紹介します。

淡路島は島内にたくさんの温泉地を持っています。ふぐを食べられる宿はハイクラスの贅沢宿からコスパ満点宿まで様々!

ふぐグルメ情報としては、ふぐの贅沢丼や淡路島バーガー、ピザなどお手軽にふぐを楽しめるものをご紹介。

一度味わえば夢中になること間違いなし!冬のおでかけは、淡路島で決まりですね♪

記事配信:じゃらんニュース

教えて!漁師さん「淡路島3年とらふぐ」って?

じっくり3年かけて育つとらふぐはプロが頷く納得の味。

写真/道の駅うずしお写真/道の駅うずしお

潮流の早い鳴門海峡という過酷な状況下で3年もの歳月をかけて育てあげる「淡路島3年とらふぐ」。一般的な2年モノが800gに満たないのに対し、3年モノは1.2~1.8㎏になるが、注目すべきはサイズだけではない。

全国のふぐ生産者からも「身の引き締まりが違う」と評され、淡路島の料理人は1口食べると3年モノかどうかすぐに分かるという。噛むほどに旨みが溢れ出す淡路島3年とらふぐは、鍋でもてっさでもその違いが楽しめる。福良漁業協同組合 組合長 前田若男さん福良漁業協同組合組合長 前田若男さんエサには淡路島産の イカナゴやオキアミもエサには淡路島産のイカナゴやオキアミも

1. 淡路夢泉景【洲本温泉】

匠の手技を仕込んだ芳醇な3年とらふぐの贅。

淡路島3年とらふぐのスペシャリテ「淡路島3年とらふぐのスペシャリテ」。珍しい部位やひと手間かけた調理法で、定番のふぐフルコースと一線を画す

淡路島3年とらふぐのスペシャリテしゃぶしゃぶ鍋しゃぶしゃぶ鍋。厚く引いた身のしゃぶしゃぶは、ふぐ皮やアラとともに。〆には旨みを吸い込んだ雑炊も焼白子焼白子。白子の深い味わいを残し、自凝雫塩(おのころしずくしお)と甘醤油の2種類で焼き上げる造り 三種取合せ造り 三種取合せ。

空と海が迎えるインフィニティ露天。

湯賓閣 天宮の雫大浴場「湯賓閣 天宮の雫」の展望露天風呂は、まるで海に浸かっているような開放感特別フロア「里楽」特別フロア「里楽」は、全ての客室の目の前に紀淡海峡の海景色が広がる淡路夢泉景センスのいいインテリアで演出された寛ぎ空間

淡路島の東部・古茂江海岸に佇むラグジュアリーな温泉宿。御食国・淡路島が育む、四季折々の島の恵みを客室や個室料亭、ダイニングなどシーンに合わせてゆっくりと味わえる美食の宿だ。

特選・淡路島3年とらふぐフルコース★美味しい食べ方を究めた垂涎の逸品づくし

1泊2食付き2名1室利用時1名料金

3万1320円~4万7520円

松涛閣和室 ※12/1~2018年2/28の3カ月限定

淡路島3年とらふぐの白子酒から始まるふぐづくしなコース内容。3日間「ねかし」をかけ、厚めに引いたてっさなどを全10種類の料理で味わえる。総料理長・鳥嶋照泰さん使用部位や調理法などすべてに一捻り加えた特別なフルコースです。鍋や刺身にも新たな発見があると思います。総料理長・鳥嶋照泰さん 淡路夢泉景(ゆめせんけい)
1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。