体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魚河岸丸天「海鮮かき揚げ丼」のタワー感が半端ない【静岡】

f:id:mesitsu_lc:20171010084503j:plain

最近、沼津の魅力に取りつかれつつあるメシ通レポーターのYELLOWです。

静岡県と言えばサッカー、ウナギ、お茶くらいの大ざっぱなイメージですが、そこに浜松餃子と静岡おでん、ハンバーグの「さわやか」も加わると、結構いい感じの食文化があったりなかったりする土地でもあります。

また、東西に長い静岡県では東と西で微妙に文化も違いまして、そう言った意味でも実に興味深い地域ではないでしょうか?

今、沼津が熱い!

f:id:mesitsu_lc:20171010084525j:plain

そんな静岡県で今、もっとも注目されているのが沼津です。

f:id:mesitsu_lc:20171010084609j:plain

うそです。

ちょっと言い過ぎましたが、実は某アニメの聖地としてここ最近は若い人が沼津を聖地としてあがめ奉り、わざわざ遠方から訪れている事実……報告すべきでしょうか?

このブームに乗っかって筆者の血縁者が多数住む静岡県沼津市の魅力をアピールしたいと思います。

昭和41年創業!「魚河岸丸天」

f:id:mesitsu_lc:20171010084653j:plain

と言う訳で、沼津港の近くにある「魚河岸丸天」(魚河岸店)に行って来ました。

いや、そこは某アニメとリンクしたお店に行くだろ普通って話ですが、あまりダイレクトに絡むと大人の事情がいろいろと大変なので、聖地うんぬんの話はなかった事にして下さい。(ちょっとだけ絡んでるけどね!)

f:id:mesitsu_lc:20171010084926j:plain

こちらの「魚河岸丸天」は昭和41年に沼津の駅前にそば店としてオープンし、その後は「市場で働く人達に安くておいしく、ボリューム満点なメニューを提供したい!」みたいな感じで沼津魚市場の近くに移転して来たそうです。

f:id:mesitsu_lc:20171010085026j:plain

今は観光客の方が多いですが、それでも地元の漁師さんたちが酒を飲みに来たりする活気のある「魚河岸丸天」でして、定食以外の一品料理のおいしさにも注目して欲しいと思います。

f:id:mesitsu_lc:20171010084801j:plain

ちなみにコチラは「かつお血合ポン酢」(150円)でして、まさに酒の肴にはベストなアイテム。もちろん、鰹(カツオ)の血合いは鮮度が悪いと絶対に食べられないので、漁港の近くにある「魚河岸丸天」ならではの一品ではないでしょうか。

とにかく魚市場の近くにあり仕入れも抜群のお店なので、そこら辺を考慮した結果、こんな感じのオーダーになりました。

「海鮮かき揚げ」(900円)

f:id:mesitsu_lc:20171010085120j:plain

「魚河岸丸天」と言えば特許取得済みの「海鮮かき揚げ」、もしくは「海鮮かき揚げ丼」が有名です。

そこでまずは、お店の看板メニューとして食べるべきと思ったので、筆者も食べてみる事にしました。

f:id:mesitsu_lc:20171010085250j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。