お肌ツルツル♪ 信玄も家康も愛した濃厚温泉! 知る人ぞ知る静岡市の秘湯 1700年の歴史を持つ『梅ヶ島温泉郷』へ行ってみた

access_time create folderエンタメ

江戸時代に書かれた”金の湯由来記”では、「山崩れが起きて金山が埋まった後、その麓から温泉が湧き出した。湯は黄色く、甘く、香りが良い。この湯に入ると病気やケガが治り、肌艶が良くなった」と記されています。良純親王という皇族が、赤い3匹の蛇に導かれてこの温泉にたどり着き、難病を克服した伝説も残っており、昔から体に良い温泉と知られていたのですね。

近代になってからは清水次郎長や乃木希典が訪れ、戦後は文人達の長逗留の場として、作品づくりを支えます。そして2017年5月、環境省による『国民保養温泉地』の指定を受けました。

現在は10件ほどの旅館・民宿などが営業中。今回は『おもいでの宿 湯の島館』にお邪魔しました。

スタッフは夫婦お二人だけ、1日限定6組のみの営業ですが、大人気でなかなか予約の取れない人気の宿。それもそのはず、それぞれ和モダンの個性的なお部屋と、『風』『林』『火』『山』の4タイプの貸切風呂が楽しめるのです!

武田信玄の『風林火山』にちなんだお風呂は、それぞれ趣が違うのでぜひ制覇して欲しいです。筆者も頑張って入りました!(写真はモデルさんです)。

個人的には岩風呂がある『山』が好きでした。

温度が低めなのでのぼせる心配はあまりないと思いますが、それぞれのお風呂には休憩所もついています。アルカリ性の高い温泉なので肌がつるつるに!筆者は熱い温泉がちょっと苦手なので、ぬるめなのは嬉しい限り。

お料理には地元食材がふんだんに使われています。特に美味しいのが『駿河軍鶏(するがしゃも)』。歯ごたえと旨味が絶品です。ダシがよく出るので、汁物が本当に美味しい。

今回は水炊き風鍋で頂きましたが、締めのラーメンにはこの地で取れた『安倍山葵(あべわさび)』をいれて。ラーメンにわさびを入れるのは初めてでしたが、なるほどさっぱりして美味しかったです。

絶品グルメも楽しめる! 日帰り温泉を満喫

お泊りでゆっくりするのもいいですが、静岡駅から片道約1時間強のアクセスを活かし、日帰り温泉を楽しむのもおすすめです。梅ヶ島温泉にある『虹の湯』は、日帰り入浴専門の施設。

男湯・女湯どちらも内湯と外湯があります。ひとっ風呂浴びた後にぜひ頂きたいのが『静岡おでん』!

虹の湯の静岡おでんは市内でも3本の指に入るとか。手作りこんにゃくがぷりぷりもちもちでした。お店の中にはお座敷もあり、食べた後はここでゆったり出来るんです。

レトロな雰囲気が懐かしい、昔ながらのお風呂屋さん。お客さんに愛されている様子が伝わってきました。

そして楽天イーグルス時代のマー君のサインも発見! 知る人ぞ知る秘湯ですが、知ってる人はちゃんと来ているんですね~。

前のページ 1 2 3 4 5 6次のページ
access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧