体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「串カツ田中」の“居酒屋力”と“全世代対応力”が相当なレベルまできちゃってた【チェーン居酒屋解体新書】

f:id:Meshi2_IB:20171101165822j:plain

「串カツ田中」の推しポイントは…… お得に飲める仕掛けやイベントが盛りだくさん 串カツだけじゃない、居酒屋メニューも充実 お子様メニューもあり幅広い世代に対応

なぜ「田中」なのか

飲兵衛のみなさん、最近体調いかがですか〜?

どんなに飲んでもγ-GTPが30以下の、酔っぱライター江口まゆみです!

今回は「串カツ田中」の青物横丁店へ行ってきました!

駅前の好立地ですが、間口はせ、狭い……。

でも店内に入ると、ほどよい広さで、アットホームな感じですね。

f:id:Meshi2_IB:20171026184328j:plain

しかしなぜ「田中」なのか?

それは、大阪西成出身の副社長田中洋江さんが、父の作ってくれた串カツの味を再現したお店だから。

f:id:Meshi2_IB:20171026184354j:plain

田中副社長は、ほとんどの店舗のメニューを今でも手書きしているそうです。

お得に飲むならチンチロリン

さ〜て、まず何を飲もうかな?

イチオシはビームハイ。辛めのジムビームが、串カツと合うんです!

ちなみに「串カツ田中」は、世界でもトップクラスのジムビームの売り上げを誇っているお店らしいです。

f:id:Meshi2_IB:20171026184447j:plain

そこで「チンチロリン・ハイボール」に挑戦!

f:id:Meshi2_IB:20171026184639j:plain

ゾロ目で1杯無料、合計が偶数で1杯半額、奇数でメガジョッキ(価格は2倍)というこのゲーム、スタッフが鐘を賑やかに鳴らしながら登場。

言われたとおりに茶碗の中で2つのサイコロを振ってみると……

f:id:Meshi2_IB:20171104112215j:plain

5と4で合計は9、つまり奇数!

f:id:Meshi2_IB:20171026184650j:plain

見事メガジョッキ出ました〜!

やはり主役は串カツ!

さあ、次は串カツだ。

キャベツとソースがテーブルにドーン!

f:id:Meshi2_IB:20171026184720j:plain

盛り合わせは(上から時計回りに)アスパラ、玉ねぎ、レンコン、串カツ豚、串カツ牛のセット。

f:id:Meshi2_IB:20171026184738j:plain

ソースをた〜っぷり。もちろん二度づけ禁止ですぞ。

おお、衣サクサク、中身アツアツ、甘辛いソースと相まって……うまい〜。

そこへビームハイを流し込めば、もうパラダイスでございます!

f:id:Meshi2_IB:20171104122503j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。