体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役早大生アナウンサー・佐々木一真「今できることをして1歩でも半歩でも進んでいけば、夢は掴める」

現役早大アナウンサー・佐々木一真 現役早大アナウンサー・佐々木一真

インターネット放送局・占いTVで放送している『ピタットTV』で、「ハッピー予報」を担当している“靴下王子”こと佐々木一真くん。19歳の現役早大生にしてアナウンサーとして活躍している彼に、夢を掴むきっかけや目標を達成するために努力してきたこと、仕事と学業の両立などについて、聞いてきました。

 

復興の光景を見て「国内外で起きていることを伝えられる仕事がやりたい」と思って

現役早大生アナウンサー・佐々木一真スタジオが土足厳禁と勘違いし、靴を履かずに『ピタットTV』に出演したことから“靴下王子”と呼ばれるようになった佐々木くん

――今年の7月から『ピタットTV』が始まりましたが、実際にアナウンサーとして出演していかがですか?

月曜から土曜まで、週6日出させていただいているのですが、芸人さんやアナウンサーの方と仕事をする中で、一番勉強になったのは“周りの方への気遣い”です。芸人さんがボケた時に、ちゃんと拾い上げたり、掛け合いの大切さを感じていますね。アナウンサーってただ原稿を読むだけじゃなくて、共演者への気遣いも大事なんだなって学んでいます。

――放送が始まって数カ月が経ち、成長したと思う部分はありますか?

毎日一人で反省会をするんですが、芸人さんのボケにうまく返せなかった時は、先輩アナウンサーのラジオを聞いたり、自発的にいろんな媒体に触れるようになりました。

 

現役早大生アナウンサー・佐々木一真「視聴者の方からいただく『毎日ピタットTVを見て寝るのが日課になってます』ってメッセージが励みになっています」

――佐々木くんは小6の時にオーディションに合格して、中学生の頃から芸能活動を行っていましたが、アナウンサーを目指そうと思い始めたきっかけは?

2回、転機がありました。1回目は、中学3年生で大河ドラマに出演した時です。ロケで東北に行ったのですが、当時は東日本大震災から1年くらい経った頃で、まだ復興途中だったんです。その光景を見た時に「国内外で起きていることを伝えられる仕事がやりたいな」って漠然と思って、メディアに目が向きました。2回目が、高校2年生で『ピチレモン』という雑誌のイベントMCを務めた時に、言葉の発し方一つでお客さんの受け取り方が全然違うことを体感したんです。そこで報道と言葉が合体して、アナウンサーという夢ができました。

――そこからはブレずに、アナウンサーという夢を追いかけてきたんですね。

それまでは何気なく見たドラマの登場人物に影響されることが多くて、いろんな仕事に興味があったんですけど、そこからはブレていないですね。

 

目標に対して、1歩でも半歩でも近付けるように“努力”を意識

現役早大アナウンサー・佐々木一真

――アナウンサーを目指すに当たって、始めたことはあったんですか?

早稲田大学がもっともアナウンサーを輩出している大学で、学内にアナウンス研究会というサークルがあることを知りました。だから、入るためにはまず入試に合格しないといけないと思って、勉強する覚悟を決めました。

――もともと成績はよかったんですか?

それが悪かったんですよ。中高一貫の学校に通っていたこともあって、あまり勉強をしていなくて(苦笑)。その時は早稲田のレベルが高いことも知らなかったので、担任との面談で「早稲田に行きたいです」って言ったら、笑われたんです(笑)。その反応が悔しくて、絶対に受かるために平日は学校から帰って7~8時間、休日は20時間は勉強しましたね。

――毎日7~8時間って、怠けたくなったりしませんでしたか?

どうしても早稲田に行きたい気持ちがあったので、モチベーションが下がることはなかったですね。今年の春、ネパールに行った時にホストファザーが「トレッキングをやめられないんだ」って話していたんですよ。「きついし、つまんないでしょ?」って聞いたら、「確かにつまんないけど、少しでも上に登ったら、頂上に近づいてるってことなんだよね」って言っていて、その通りだなって思ったんです。目標に向けて少しでも動けば、実現に近づいている。大学受験も同じだったし、アナウンサーという目標に対しても、1歩でも半歩でも進めるように意識しています。

――高校時代は、その甲斐あって全国模試7位まで上り詰めたんですね。

入試科目の国語、英語、社会の3つは、誰にも負けないようにしようと思っていました。努力すると自信にもつながるし、受験での成功経験もあって、アナウンサーという目標に向けても、自信をつけるために努力しようって思えています。毎日発声練習をしたり、各局の報道番組を見比べて違いを知ったり、努力は怠らないようになりました。

 

現役早大アナウンサー・佐々木一真目標を達成するために必要なものを“諦めの悪さ”。「早稲田を諦めていたら、今はないと思うんですよね」

 

“人とのつながり”と“積極的な姿勢”がチャンスを引き寄せる

現役早大生アナウンサー・佐々木一真
1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。