体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

道民御用達コンビニ「セイコーマート」の自社ブランド商品だけで札幌ピクニックしてみた【秋冬リリース情報アリ】

f:id:Meshi2_IB:20171026153511j:plain

以前、北海道内で圧倒的なシェアを誇るコンビニエンスストア「セイコーマート」の魅力について書いた。

埼玉県にあるセイコーマートの店舗を実際にたずね、自社ブランドの商品をたくさん買って食べながらお酒を味わった。

www.hotpepper.jp

それはそれで大変楽しかったのだが、私にはもう一つかなえたい夢があった。

それは「札幌のセイコーマートで食べ物と飲み物を買い込みピクニックをする」というもの。

北海道へ旅行に行くと、ジンギスカンにスープカレーに新鮮な魚介類にラーメンにと、ひっきりなしにご当地グルメを食べてまわるのがいつもの私なのだが、町の中にたくさんあるセイコーマートで買い物をし、近くで気軽にピクニックを楽しめるというのも北海道ならではのことに違いない。

この度、そんなかねてからの夢をようやくかなえることができた。しかも、前回紹介し切れなかったセイコーマートの自社ブランド商品について、セイコーマートの本社である「株式会社セコマ」より一押しの品をピックアップしてもらうという全面バックアップ態勢。これを参考にしてもらえば絶対に失敗しないセイコーマートピクニックを楽しめるはず!

札幌市民が心からうらやましい

さっそく買い出しにやってきたのは札幌市中央区にある「セイコーマート 大通バスセンター店」。札幌のシンボルでもある「さっぽろテレビ塔」からもほど近い店舗だ。

f:id:Meshi2_IB:20171026153303j:plain

ちなみに札幌の中心地周辺だけでこんなにセイコーマートがある。

f:id:Meshi2_IB:20171026153324j:plain

©2017 Google, ZENRIN

札幌に住む人が心の底からうらやましい。

店内には惣菜類からスナック菓子、アルコール類などなど自社ブランド商品が充実している。

買い物カゴにあれもこれもと商品を入れていくだけで胸が高鳴る。自社ブランド商品のアイテム数は、およそ1000種類。そのすごさが伝わると思うので、よかったらこちらのページを見てみてください。

ひとりピクニック開始

というわけで、買い込んで大通公園にやって来ました。

f:id:Meshi2_IB:20171026153348j:plain

公園でくつろぐ人々の邪魔にならぬようシートを敷いて座る。

f:id:Meshi2_IB:20171026153401j:plain

一見、浮かない顔をしているように見えるかもしれないが、一体どこから食べていこうかと考えあぐねているところです。

なんせ目の前には、こんなにいろいろなセイコーマートのオリジナル商品が並んでいるのである。

f:id:Meshi2_IB:20171026153414j:plain

迷う。

まずはワインで乾杯するとしよう。

セイコーマートでは「ワインを日常の食卓で楽しむお酒にしたい」という思いから、20年以上前からワインを販売しているという。

株式会社セコマの商品担当者が世界各国のワイナリーに実際に足を運び、試飲した上で良質なものを輸入しているというから気合が入っている。

しかもどれも驚くほど安いのだ。

私が購入した「スラナ 赤」は420円だ!

f:id:Meshi2_IB:20171026153426j:plain

セイコーマートで販売されているたくさんのワインの中でも今特におすすめなのは、スペイン産ワインだという。

中でもお手頃価格で評判が高いというのがこの「スラナ 赤」。後味がキリッとしていて、決して重たくないのでお昼のピクニックにぴったりである。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。