体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もう迷わない、失敗しないカニ旅を♪夕食評点90点以上の宿18選【関西・北陸・中国】

カニ刺し

ついに今年もカニの季節がやってきましたね。さっそくカニ宿をお探しの方も多いのではないでしょうか。カニ宿に求めるものは人によって千差万別。でも素敵な宿にステイしたい気持ちはみなさん同じですよね。そこで今回は、じゃらんnetの夕食評価が90点以上の良質な宿に厳選してご紹介をいたします。上質のブランドガニからカニフルコース、コスパ最強で楽しめる宿まで。クチコミを有効活用して、もう迷わない、失敗しないカニ宿体験をしてみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

<目次>

■関西のカニ宿はこちら →

■北陸のカニ宿はこちら →

■中国のカニ宿はこちら →

1. 1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭【京都府・間人】

1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭生のカニを刺し、焼き、しゃぶしゃぶ鍋などお好みで。焼きは「七輪で焼けるのが嬉しい」との声も1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭刺しで食べられる身をしゃぶしゃぶにしても美味1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭人気のカニ刺し1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭甲羅味噌焼を楽しんだ後、甲羅にお酒(別途料金)を注いで甲羅酒に

経験豊かな仲買人の主人が、間人漁港で毎日カニや魚介を見極める。競り落としたカニを当日の夕食で味わえるのは、漁港から車で約5分の地元宿ならではの醍醐味だ。また、客室と風呂から眺められる日本海の絶景も好評!

「初めての間人ガニに感動!刺しと焼きを堪能しました。

2017年2月・20代・女性・夫婦旅行

総合クチコミ94(投稿数:427)

夕食:94 朝食:86 部屋:92 風呂:86 接客・サービス:92 清潔感:94

【昨シーズン人気No.1】×【クチコミ記念】“幻の間人ガニ”と選べる丹後の厳選旬食材

期間:11月7日~3月25日 1泊2食1名(2名利用時)

3万2400円~4万8600円

お品書き

●生の間人ガニを2人で1杯(刺身、炭火焼、甲羅味噌焼、鍋など) ●コッペガニ(メス)の茹でを1人1杯 ●カニの甲羅茶碗蒸し など 1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭

TEL/0772-75-0168

住所/京丹後市丹後町間人3778

「1日8組限定 ~間人蟹と地魚料理~ 大人の絶景隠れ宿 寿海亭」の詳細はこちら

2. 窓に広がる夕日と海 美食を奏で140余年 間人の料理宿 炭平【京都府・間人】

窓に広がる夕日と海 美食を奏で140余年 間人の料理宿 炭平ウエルカムスイーツやドリンクのサービスも窓に広がる夕日と海 美食を奏で140余年 間人の料理宿 炭平囲炉裏付きのテーブルで「炭火で炙るカニは絶品」との声。甲羅焼きの味噌も旨い!

地ガニ料理で知られる創業明治元年(1868年)の老舗宿。「間人ガニ」を中心とした夕食の充実度はもちろん、眺望の良さも魅力。ほかに、食前に料理人がカニの説明をしてくれたり、夜食や土産の用意など心配りが嬉しい。

総合クチコミ94(投稿数:356)

夕食:96 朝食:94 部屋:90 風呂:86 接客・サービス:98 清潔感:94

「眺めの良さや多彩な食事と大満足のおもてなしでした。」

2016年12月・50代・女性・友達旅行

【間人】<<粋な選択>>間人ガニフルコース(0.6kg級・1人1.25杯)

期間:11月7日~3月31日 1泊2食1名(2名利用時)

5万1680円~6万4640円(6畳和室利用)

お品書き

●茹で蟹 ●蟹刺し ●蟹みそ ●みそしゃぶ●蟹しゃぶ ●蟹炭火焼 ●蟹甲羅焼 ●茹コッペガニ ●蟹ちり鍋 ●蟹雑炊 など 窓に広がる夕日と海 美食を奏で140余年 間人の料理宿 炭平(すみへい)

TEL/0120-42-0680

住所/京丹後市丹後町間人3718

「窓に広がる夕日と海 美食を奏で140余年 間人の料理宿 炭平」の詳細はこちら

3. 料理旅館 鳥喜【京都府・宮津】

料理旅館 鳥喜薄切りのブリをブリしゃぶに。「ブリ大根ならぬ、ブリかぶ(ブリとかぶらの煮物)も絶品」とのコメントも料理旅館 鳥喜カニの調理は茹でか焼きを選べる
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。