体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロ野球球団拡張「参加企業・団体を大募集しよう!」新コミッショナーで変われNPB

 

2017年日本シリーズは、セ3位が進出したことでCSの在り方が話題に。“チームが少ない”という声もよく聞かれました。そんな中、日本野球機構(以下、NPB)では、11月27日に新コミッショナーに斉藤惇(さいとうあつし)氏が就任の見込みと報じられました。そこで、改めて、時々出ては消えるこの話題を本当に検討してほしい。

 

提案「プロ野球球団を数年計画で12から16へ増やす」

 

斉藤氏は野村証券副社長、東京証券取引所社長、日本取引所グループ取締役兼代表執行役グループCEOなどを歴任。今年7月からNPBコミッショナー顧問に就いているという人物です。過去に多かった天下りとは違い、オーナー側からのコミッショナー選出ですから、しっかりとリーダーシップを取ってほしい、そして後世に名を残す大改革を起こしてほしいと思います。

 

これは、一人の野球ファンとして、またテレビ・ラジオに携わる人間の目線も交えて考察した、NPBへの嘆願です。

 

15球団時代があった

 

まず、歴史を少し振り返ります。そもそも15球団あったことを知っていますか? 1950年(昭和25年)、プロ野球が2リーグ制になったときは

 

セ・8球団(松竹、中日、巨人、大阪、大洋、西日本、国鉄、広島)

パ・7球団(毎日、南海、大映、阪急、西鉄、東急、近鉄)

 

これが最大で、それから数年間は、統合、消滅、新規参入など目まぐるしく変化。ちなみに1954年~1956年の3年間はパ・8球団でした。そして1958年から現在の12球団になります。

 

チーム減少の危機は二度ありました。1973年、人気低迷のパ・リーグで日拓がロッテに合併を打診。南海と近鉄との合併も取り沙汰され、1リーグ10球団への動きがありました。結局、日拓が日本ハムに身売りして騒動が収束。その後、特にパ・リーグは1年毎に身売りが続くこともありました。

 

2004年には、オリックスと近鉄が合併する騒動に。新球団に楽天が誕生し12球団を保ちました。これらの出来事がトラウマなのでしょうか、来年で60年間、チーム数は変わらずってことになります。

 

メジャーは増やしに増やした

一方、よく比較される米国メジャーリーグはどうでしょう? 55年前はたった16球団でした。地方都市にチームを次々誕生させ活性化、1998年に2球団増やして現在の30球団になりました。近年は経営が好調なため5、6年後に2球団増やす構想を発表しています。

 

日本と国土面積がかなり違うので比べ物にならない・・・と思われそうですが、人口は米国が3億1千万、日本は1億2700万です。マーケットの違いなどありますが人口比率だけ考えると、球団を増やすのはそんなにムリな事? と思います。

 

2014年、政府が16球団構想を…

覚えている人も多いと思いますが、2014年のアベノミクス成長戦略に、プロ野球を16球団に球団拡張する構想が盛り込まれました。この時の、プロ野球関係者の声をあげると・・・

 

A監督「小さくしたらプロ野球は活性化しない。国民を喜ばすという理念には賛成」

B監督「球界にとってありがたい話。ただ、レベルが下がっていけない」

 

野球評論家Cさん「アホとしかいいようがない。誰が新球団の経営をやるの。寝ぼけたことを」

 

ネット上でも意見が飛び交いました。あるサイトでのアンケートを見ると賛成55%反対45%でした。反対意見で多かったのは「現状でも経営が難しい球団があるのに無謀。参入に手を挙げる企業があるのか?」「ファンが減少傾向にあるのに奪い合うことになる。経営が悪化する」「プロ野球のレベルが低くなる」といったところ。全体的に経営が苦しいならNPBも「ムチャ言わないで下さい」と言えそうですが…。

 

球団経営はほぼ黒字!?

 

赤字球団ばかりとよく言われますが、今年出された「会社四季報業界地図2017年版」(東洋経済新報社)を見て下さい。数字は2015年のものです。

 

 

観客動員で約20%セ・リーグが上回っていますが、売上高の差は殆どありません。2005年に楽天が誕生したと同時に経営改革に本腰を入れた各球団は、メジャーリーグの戦略などを手本にしてファンを獲得。約10年で利益が見込める経営術やノウハウを身につけたわけです。

 

公式戦の観客動員数を見ても・・・

2005年 19,924,613人(846試合 1試合平均23,551人)

 

2016年 24,581,914人(858試合 1試合平均29,116人)

2017年 25,139,463人(858試合 1試合平均29,300人)

 

マイナスになった年もありましたし、微増の年が殆どですが、長いスパンで見ると右肩上がりなんです。つまり、球団経営に一応のビジネスモデルができている、といえます。

 

日・米コミッショナーの違い

 

MLBは先頭に立つ

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。