体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【潜入レポ】祝30周年☆渋谷ロフト期間限定コーナーがおもしろすぎる!

【潜入レポ】祝30周年☆渋谷ロフト期間限定コーナーがおもしろすぎる! 渋谷ロフト

11月20日(月)に創業30周年を迎えるロフトは、限定商品の販売やアーカイブ展など様々な企画が期間限定で開催中。早速、1987年に第1号店としてオープンした渋谷ロフトに行ってきました!驚くほど “黄色、黄色、黄色…!”だらけの店内は、おもしろスペースや楽しめるポイントがたくさん。隅々まで潜入取材してきました☆

今しか手に入らない。ロフト限定の「黄色雑貨」たちがたくさん!

ロフト限定の「黄色雑貨」たち

まずは雑貨から。色々なメーカーとのコラボ商品が30周年を記念して販売されているのですが、なんと全てが黄色尽くし。筆者が最初にびっくりしたのはこの色鉛筆。

・・ん? 色鉛筆って何種類の色が入っているものだと思っていたのだけど

色鉛筆

・・・12本全部黄色。

うん。まぁ使うけどね。黄色も。

太陽とか、トラとか、ピカ○ュウとか、背景とか・・・

さすがロフトさん、気合い入ってる。

しかもこの色鉛筆、12本セットで税込777円とのこと。

使うだけで縁起が良さそうです。

次気になったのはこれ。

ロディアさんの黄色いメモ帳

なるほど、30周年の「30」になるように配置してる。

細かいところまで祝福するロフト愛が伝わります。

ロディアさんの黄色いメモ帳

この人気ブランドロディアさんの黄色いメモ帳、ロフトでしか購入ができないみたい!

周りの人とちょっと違う小物って、さりげなくおしゃれに見えちゃうから良いよね。

ついつい買いたくなっちゃうアイテムでした。

そのままグッズを見渡していると、

片隅にちょっとこなれたデザインの収納ボックスが。

収納ボックス

この地図、なんと

上が「今の渋谷」で、下が「30年前の渋谷」らしい。

細かく見てみると、昔と今で変わって見るところが多々あったり、なかったり。

地図好き・渋谷好きにはたまらん絵だけど、

家で暇なときにぼーっと見ても楽しそうだなぁ。

(筆者は地図が読めない女ですが、これは間違い探しみたいで楽しかった)

最後は、13年連続手帳売り上げ第1位という、ロフトで大人気の「ほぼ日手帳」。

ほぼ日手帳

メモ帳部分がいっぱいあって、勉強・仕事ともに使えるかなり便利な手帳。これも30周年を記念して、黄色いロフトバージョンが登場!

この裏表紙を見て見ると、

ロフトと関わりの深いコピーライター糸井重里さんからの一言。

深い。

ロフトじゃなく、自分にも染みる。

この言葉を見ながら毎日を過ごせる手帳って良い感じですね。

売り切れ間近のようなので、お早めに。

懐かしい!「あの頃のロフト」や「あの頃のあの人」の展示物

「あの頃のロフト」や「あの頃のあの人」の展示物

昔のショップ袋や、店員さんがつけていた限定のバッチ。

「そういえばこんな柄あったな」「これはあの人へのプレゼントを買いに来た時に入れてあった袋だ…」など、ついつい思い出してしまうようなものたち。

30年間をまとめたアーカイブ展示も、今しか見られない貴重なスペースも必見。

オープン当時のポスターも見ることができます。

オープン当時のポスター

(これって、なんのデザインなんだろう…)

そんな、ロフトさんの個性が際立つものがたくさんあります。

シュールなものもたくさん。

なんか刺激的☆ ←

昔のスタッフTシャツ

今はなき、昔のスタッフTシャツも展示。

これは実際のスタッフさんから借りて来たものらしいです。

目立つプリント柄が特徴的なTシャツは、どれも可愛い。

これはスタッフさんのモチベーションも上がりますね。

働く人たちへの思いやりも、30年間続いた理由なのかもしれません。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。