体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【学生必見!】Red Bull主催のトラベルアドベンチャー「Red Bull Can You Make It? 2018」のエントリーが開始!

【学生必見!】Red Bull主催のトラベルアドベンチャー「Red Bull Can You Make It? 2018」のエントリーが開始!

こんにちは、TABIPPOの篠原輝一です。皆さん、いよいよこの季節がやってまいりました。

「Red Bull Can You Make It? 2018」

実は前回大会のときも【出場者募集開始!】レッドブルで物々交換をしながらヨーロッパを旅しよう!で記事にしましたが、今年も本日11/15からヨーロッパを1週間レッドブルだけで旅するトラベルアドベンチャーの日本代表チームを決めるエントリーが開始致しましたのでご紹介いたします。

参加条件は、イベント当日時点で18歳以上の大学生、専門学生、大学院生であるということで、学生の皆さんは必見ですよ!!
■目次
1. 『Red Bull Can You Make It? 2018』とは・・・
2. 企画内容/応募要項
3. 気になる応募方法は?
4. ゴール地点のアムステルダムを目指して…
5. ポイントを稼ぎながらゴールを目指そう
6. 学生の皆さん、レッドブルとともに旅をする準備は出来ていますか?

 

『Red Bull Can You Make It? 2018』とは・・・

世界中から集まった600人(1チーム3名/200チーム)の学生がヨーロッパ各所から同時にスタートし、ヨーロッパ諸国に設置されたチェックポイントを通過しながらゴールへ向かう1週間のエキサイティングなトラベルアドベンチャーです。

©Nika Kramer/Red Bull Content Pool

ルールは至ってシンプルで、アドベンチャー中に必要となる宿泊、食事、移動にお金を使うのは禁止であるということと、その代わりに全てレッドブル・エナジードリンクと物々交換しなくてはなりません。つまり、持ち運べるのは最低限の持ち物とレッドブルのみ!

©Lukas Wagneter/Red Bull Content Pool

レッドブルを通貨として、ヨーロッパをどこまで冒険できるか!?それが「Red Bull Can You Make It? 2018」です。

本イベントに参加いただける学生の方を2018 年2月15日AM8:00まで、www.redbullcanyoumakeit.com にて募集します。 参加条件は18歳以上の男女で、大学生・専門学校生・大学院生の方に限ります。また、本イベントのハッシュタグ #CanYouMakeIt18 より、リアルタイムでイベント情報を入手できます。

 

企画内容/応募要項

©Lukas Wagneter/Red Bull Content Pool

イベント日程

スタート:2018年4月10日(火)12:00
フィニッシュ:2018年4月17日(火)17:00
※上記は現地時間となります。

参加資格

18歳以上の大学生、専門学生、大学院生
※本イベント期間中(2018年4月10日~4月17日)、学生であること。2018年3月卒業予定の方は参加できません
※留学生参加可。ただしチームメンバーは全員同じ国籍であること

募集定員

日本代表として3チーム(合計9名)を選出する予定です。
※審査後、選ばれたチームの渡航費などはレッドブル・ジャパン負担となります。

日本代表チームの選考について

2018年2月15日AM8:00から「Red Bull Can You Make It? 2018」の公式ホームページ内でWEB投票が6日間行われ(投票締め切り:2月21日AM7:59)、投票順位が高いチームから審査が行われ、日本から3チームを選定予定。3月7日に参加チームがアナウンスされます。

▼前回大会の日本代表チーム

©Teddy Morellec/Red Bull Content Pool

エントリー締め切り

2018年2月15日(木)AM8時00分まで

 

気になる応募方法は?


さて、企画の主旨やルールはわかりいただけましたでしょうか。

それでは気になる応募方法をご紹介しましょう。
「Red Bull Can You Make It? 2018」の公式ホームページより申込みを受け付けておりまして、エントリーの際に必要事項を記入の上、意気込みが伝わる1分間のチーム紹介動画のURLも合わせて提出頂きます。
※YoutubeもしくはVimeoに投稿した動画のURLを記入してください。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。