体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この冬わざわざ食べに行きたい!ご当地で味わう絶品“旬”グルメ19選【東日本】

鮨 治ろうや

冬にこそ、旬を迎えるごちそうがある。旬食材を最高においしくいただくには、ご当地ならではの食べ方で、現地で味わうのが一番。今回は、東日本エリアでこの冬わざわざ食べに行きたい、おすすめの旬グルメをご紹介!

旬を迎える海鮮をはじめ、猟期のジビエに新そばなど・・・この時期ならではの絶品グルメばかり。現地でその逸品を味わえば、この冬とっておきの思い出になること間違いなし!

記事配信:じゃらんニュース

※表記されている金額は最低料金です。時期により変動する可能性があります。

1.鮨 治ろうや【千葉県銚子市】

脂の乗ったキンメダイの旨みを引き出す食し方。

鮨 治ろうや伊達巻きと地魚の入ったお任せ握り 3300円。地元産醤油を使った秘伝ダレに漬け、軽く炙って塩をのせた絶品寿司。

日本最東端の鮨処。地元外川漁港で水揚げされた地魚を中心にした、旬のネタが目白押し。「寿司にすることで、魚のおいしさをさらに感じてもらえたら」との思いで握る寿司は、絶品。

銚子ツリキンメの炙り寿司:12月~2月が旬!

底網を使わず、1尾ずつすべて漁師の腕で釣り上げる銚子ブランドの高級キンメダイ。キンメダイ漁の北限にあたり、親潮と黒潮がぶつかり、利根川が注ぎ込む豊かな漁場のため、一年中脂乗りがいいのが特長。地元産醤油に漬けて軽く炙れば、脂の旨みが口いっぱいに広がる。 鮨 治ろうや

TEL/0479-22-0435

住所/千葉県銚子市外川町2-10608

営業時間/11時30分~14時、17時~21時

定休日/不定

アクセス/東関東道佐原香取ICより1時間20分

駐車場/3台

「鮨 治ろうや」の詳細はこちら

2.かにや戸田本店【静岡県沼津市】

一粒の米にまで染み込んだ冬の海が育むカニの旨み。

かにや戸田本店高足ガニ釜めし定食 3240円。シメは出汁をかけていただく。写真の釜揚げ、シュウマイは別売り。

網元光徳丸直営のタカアシガニ料理専門店。1尾まるごと釜揚げや、リーズナブルな定食、単品まで幅広いタカアシガニ料理を用意。深海魚、エビなど、獲れたての魚介類も味わえる。

戸田(へだ)のタカアシガニの釜飯:11月~2月が旬!

深海に棲み、脚を広げると3~4mに達する世界最大のカニ。日本屈指の水揚げ量を誇る伊豆の戸田では、9月~5月が漁期だが、寒い時期ほど身が引き締まる。秘伝の出汁とタカアシガニの身を入れて、もち米入りの米を30分でじっくり炊きあげた釜飯は、カニの旨みがたっぷり。 かにや戸田本店

TEL/0558-94-2235

住所/静岡県沼津市戸田354-4

営業時間/10時30分~16時

定休日/火、不定

アクセス/東名沼津ICより1時間15分

駐車場/30台

「かにや戸田本店」の詳細はこちら

3.元祖あんこう鍋 山翠【茨城県水戸市】

濃厚な肝が味の決め手!コクたっぷりのあつあつ鍋。

元祖あんこう鍋 山翠あんこう鍋1人前 3672円。肝に脂が乗った東北&北海道産のほんあんこうを使用。※写真は3人前

約70年の歴史を持つ老舗店。創業当時から続けるあんこう料理のほか、水戸ならではの郷土料理も目白押し。あん肝と味噌を炭火で焼いた「秘伝の焼き味噌」を入れることでコクと風味をUP。

あんこう鍋:11月~3月が旬!

あんこうは、身、皮、内臓、エラまで食べられないところがほとんどないという貴重な高級魚。「西のふぐ、東のあんこう」と評されるほど、茨城ではおなじみの冬の味覚だ。人気の食べ方は、海のフォアグラといわれる肝が入ったあんこう鍋。味噌味、醤油味などお店によって味の違いも。 元祖あんこう鍋 山翠(さんすい)

TEL/029-221-3617

住所/茨城県水戸市泉町2-2-40

営業時間/11時~14時30分、17時~21時

定休日/火(不定)

アクセス/常磐道水戸ICより15分

駐車場/150台

「元祖あんこう鍋 山翠」の詳細はこちら

4.地魚料理 松輪【神奈川県三浦市】

軽く炙ってさらに際立つ高級サバの脂の旨み。

地魚料理 松輪松輪サバの炙りとろ 2600円前後。パリッパリに皮を炙った、贅沢なサバの半身。ポン酢でいただく。 地魚料理 松輪盛りつけまで美しい、松輪しめサバ丼2000円前後

松輪サバ、湘南しらす、金目鯛など、旬の三浦産地魚を厳選。素材の良さを活かす調理で、季節の地魚メニューを提供する。全席オーシャンビューで、房総半島や大島、富士山を見渡す抜群の眺望。

松輪サバの炙り:9月~11月が旬!

好漁場の三浦市松輪漁港。ここで水揚げされる高級ブランドサバが松輪サバだ。秋には皮が脂で輝き、「黄金サバ」の別名も。一本釣りされた松輪サバは、出荷直前まで生かされ、生食できるほどの鮮度。シンプルな調理で味わうのが正解!水揚げにより提供不可の場合があるため、要確認。 地魚料理 松輪(まつわ)

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。