ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おやつといえばコレでしょう!思い出が詰まったビタミンカステーラ【北海道】

f:id:mesitsu_lc:20171009113354j:plain

まさに出身地発見機。

ビタミンカステーラに反応してしまうのは、

間違いなく北海道の人たちです。

子どもから大人まで、

誰もが食べられる優しい味わい!

100円でおつりがくる価格帯!

北海道民のソウルフード、ビタミンカステーラ。

パッケージや味に慣れ親しんだ人は多いと思いますが、

実際にどこで、どうやって作られているのか知っていますか?

今回はビタミンカステーラを求めて旭川へ。

なんと今年で創業100周年!

高橋製菓株式会社をご紹介します。

北海道のおやつといえばコレ!

f:id:mesitsu_lc:20171009111405j:plain

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は道産子の大好物を徹底取材します。

カステラでもなく、

カステーラでもなく、

ビタミンカステーラなんですよ。

スーパーに、コンビニにと、

北海道のありとあらゆる場所で販売されているビタミンカステーラ。

実は、北海道旭川市で作られています。

これ、北海道の人でも意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

f:id:mesitsu_lc:20171009111233j:plain

このビタミンカステーラ。

今年で 100年周年を迎えた、高橋製菓株式会社が販売しています。

ビタミンカステーラが作られるようになったのは1921年。

すごい歴史ですよね。

ロングセラーに驚きます。

創業者が長崎でカステラの製法を学んだのが始まり。

当時のカステラといえば高級品!

庶民がなかなか食べることのできないお菓子でしたが、

気軽に食べられる価格帯を目指し、作られるようになりました。

f:id:mesitsu_lc:20171009111422j:plain

食べたことのある方ならわかると思いますが、

しっとりと高級なカステラとは違って、

ビタミンカステーラは「パサフワ」なんですよ。

でもこの食感こそが、思い出の味!

他にまねできない個性!

一口食べれば、いつだってあの頃にタイムスリップ。

北海道の人なら誰もがこのカステラの思い出があるはずです。

f:id:mesitsu_lc:20171009111334j:plain

そしてココが最大のポイントですよね。

ビタミンですよ、ビタミン。

戦後の日本はどこも栄養不足が続いていました。

そこで、生地に栄養素を入れたんですって。

農業や漁業など、働く人たちのおやつとして、

大量に購入されていきました。

農家1軒が30本入りを10箱、20箱という買い方をしていたんですって。

ピーク時は1日で5万本も売れていたそうです。

f:id:mesitsu_lc:20171009110558j:plain

ちなみに。

パッケージに書いてある、「総裁賞受賞」の文字。

それを証明するのがこちらです。

いや〜、会社にお邪魔すると感動の連続です。

盾を見せていただきました。

特別に工場見学

f:id:mesitsu_lc:20171009111015j:plain

まさかこんな日がやってくるなんて。

幼少期、鼻水垂らしてビタミンカステーラを食べていた自分に教えてあげたいです。

北海道民のソウルフードが誕生する場所。

工場内を案内していただきました。

感動です。

f:id:mesitsu_lc:20171009110708j:plain

なにやら板状のものが釜から出てきました。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。