体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事と収入がマッチしない…さてどうする?ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。

大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連やアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」に取り組んできた。現在はソマリアだけではなく、ケニア、ナイジェリア、新疆ウイグル自治区などでテロ根絶と紛争解決に尽力している。

なぜ彼は日本とは縁もゆかりもない紛争地のテロ根絶に命を賭けるのか。世界平和に懸ける思いとは──。これまでの人生を振り返りつつ永井氏を駆り立てるものに迫った。

f:id:k_kushida:20171113101638j:plain

【プロフィール】

永井陽右(ながい ようすけ)

1991年、神奈川県生まれ。高校卒業後、一浪して早稲田大学教育学部複合文化学科入学。1年生の時に「日本ソマリア青年機構」を創設。「学生だからできること」を標榜し、2013年、ソマリア人若者ギャングの社会復帰プロジェクト「Movement with Gangsters」を開始。これまで数多くのギャングを更生、社会復帰させてきた。大学卒業後はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士課程入学し、紛争解決について学ぶ。2016年9月に卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連とアフリカ連合とともに、「カウンターテロリズム」と「武装解除」の2つの手法で、紛争の主要因となっているアルシャバーブの戦力をそぐ活動に従事。2017年4月、団体名を「NPO法人アクセプト・インターナショナル」に改称。テロ根絶と紛争解決に尽力している。若者のテロ組織への加入を食い止めるため、国連人間居住計画(UN-Habitat)のアーバン・ユース・ファンドのメンターとしても活動中。著書に『僕らはソマリアギャングと夢を語る─「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版)、『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。:テロと戦争をなくすために必要なこと』(合同出版)などがある。

NPO法人アクセプト・インターナショナル https://www.accept-international.org/

前回(第4回)では、危険な現場で活動する永井さんの死生観、仕事観をお伝えしました。最終回の今回は、自ら立ち上げた団体での活動と収入について、そして今後の目標を語っていただきました。

本業とお金のバランス

──じゃあこの世界に飛び込む時に自分の生活とか収入のことは一切考えなかったのですか?

もちろん自分も生きていかなければならないので、大人になってどうやって自分でメシを食っていくかということは考えるんですが、実は現状、それと今やっている本業は別だったりします。お金を得る手段とやらなければならないことを混同しちゃうと、紛争とテロの問題からどんどん遠くなるからです。もちろん金稼ぎと本業が重なればいいし、将来的にそうしていきますが、難しいならいきなり無理に一緒にする必要はない。テロ防止・紛争解決のような難しい分野はマネタイズが非常に難しいんです。だから日本人でこれに取り組んでいる人がほとんどいないわけです。

──普通、“本業”というとメインの収入源のことを指すと思うのですが違うんですね。

僕にとって本業とは、お金を稼ぐ仕事ではなく、自分が使命感をもって人生を懸けて取り組んでいる活動のことですね。

NPOでメシを食いたいなら日本の問題、特に介護問題や子供の貧困あたりが圧倒的に有利ですね。だからこの問題に取り組む団体や人はやはり多いです。もちろん、お金目的なんてわけはないですが、ただ事実として取り組みやすいというのはあると思います。一方、僕らの場合はなかなかシビアな分野・対象なのでいろいろと難しさがあるのですが、どうであっても本業としての気高さを忘れたらいけないと思っています。

──でも気高さや理想だけではメシは食えないですよね。スタッフの給料も払わないといけないし。

だからこそお金を得る手段は、とりあえずはこの活動とは別でやってきました。セキュリティやアフリカ系の個人コンサルなどなので、全然関係ない仕事というわけではないですけど。

自分が立ち上げた団体からの報酬はゼロ

──なるほど。収入の手段は別にもってるんですね。

実は本業と生活の問題に関しては前々から考えて準備していました。大学院に入る前から自分の組織からは2年間はお金をもらわない想定で動いていたので、お金を稼ぐ方法は他で着々と作っていたんです。

──じゃあ今もアクセプト・インターナショナルからは給料もらってないんですか?

ゼロです。僕は今は一銭もらっていません。

──すごいですね。団体の代表でありながら団体からは給料をもらわず、自分の食い扶持は自分で稼ぐと。

そうです。僕みたいなやり方は実は国際協力のメインストリームからは外れていて、非常に異端なんですけどね。とはいえもちろん、収益事業もこれからどんどん大きくしていきます。

「社会貢献でメシを食う」というホットなフレーズがあるんですが、まあなかなかソマリアなんかで僕らがやってるような分野だと難しいわけです。だから、イシューファーストとして問題に取り組むことを第一にするなら、どうにか帳尻をつけないといけなくて、そうしているようなイメージです。

──「サスティナブル」が重要だとかよく言いますよね。

それ、基本的に“自分にとっての”サスティナブルですからね。アフリカで起業なんてもはやブームなわけですが、ざっくりアフリカなわけです。もちろんそこにビジネスが成り立ちにくいソマリアのような紛争地はありません。日本人がビジネスしやすいルワンダ、ウガンダ、ケニアがやはり多いような気がします。いろいろと思うところはあります。

──お金と活動を完全に分けるというのはすごいですね。今時「気高さ」とか言う人、なかなかいないですよ。

それは実は1つ、挑戦なんです。なので、たまに忙しくなるんですけどね。今後、本業と金稼ぎの距離をうまいこと縮めていけたらと思います。

忖度せず、媚びず、つるまず

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。