ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【鉄道メシ】元オリエント急行シェフの並々ならぬ情熱と執念が、レジェンド寝台車「夢空間」を引き寄せた

f:id:Meshi2_IB:20171027151121j:plain

東京都心と下町エリアを結ぶ地下鉄東西線。

f:id:Meshi2_Writer:20171006190729j:plain

首都圏有数の混雑路線ということもあり、他の路線と比べて幅の広いドア(ワイドドア)の車両が、多く投入されています。

その元祖・05系電車がデビューしたのは、昭和63年(1988年)秋のこと。

実はこれと時を同じくして、日本中を駆け巡った列車がありました。

その列車の名は……「オリエント急行」!

テレビ局・車両会社・鉄道会社がタッグを組んで行われた、今も思えば夢のような企画でした。

そんな夢の記憶がよみがえる場所があると聞いて、やってきたのは?

f:id:Meshi2_Writer:20171006190806j:plain

東京・江東区、地下鉄東西線の木場駅。

3番出口から歩いて5分ほどの所に、昭和から平成に移り変わろうとするあの華やかなりし時代、あの時代だからこそできた豪華な車両と、日本中に夢をいっぱい届けた「オリエント急行」の味が楽しめるスポットがあるのです!

夢列車YES‘89がここに

首都高の木場出入口を越えたところに現れたのは、懐かしのブルートレイン!

f:id:Meshi2_Writer:20171006190917j:plain

ただ、連結面こそ普通の客車っぽいですが、そのほかはビミョーにどこか違います。

屋根にはフランス国旗も掲げられています。

実はこの車両があるのは「アタゴール(A ta guele) オリエントエクスプレス」というフレンチのお店。

その店頭に置かれたこの客車の正体とは?

f:id:Meshi2_Writer:20171006190937j:plain

「オロネ25 901」

この車番を見てピンと来た方、いらっしゃいますね。

国鉄時代からの24系25形客車で、「ロネ」となっているからA寝台客車。

900番台が付番されているので「試作車」……てなことじゃなくて!

ホラ、思い出してきたでしょう、平成元年(1989年)の横浜博覧会・YES’89を!!

f:id:Meshi2_Writer:20171006191009j:plain

日本で「オリエント急行」が走った翌年、JR東日本が寝台列車の新たな可能性を探るべく、横浜・みなとみらいで開かれた「横浜博覧会(YES’89)」で3両の試作車を展示しました。

「夢空間」と銘打たれた3両は、それぞれ3つの車両会社が製造し、内装は3つの百貨店が担当。それまでの寝台車をはるかに上回る豪華な空間は、“日本版オリエント急行”とも呼ばれました。

私自身、この年連結されたばかりの113系2階建グリーン車に静岡から乗って「YES’89」へ行き、その豪華な車内にとてもビックリした記憶がよみがえります。

その後、「夢空間」は臨時の寝台特急「北斗星」などで活躍。

主に本州と北海道を行き来しながら、さまざまな臨時列車に連結されました。

f:id:Meshi2_Writer:20171006191038j:plain

▲寝台特急「北斗星」(2007年撮影、千歳線・南千歳駅)

しかし、平成20年(2008年)に営業運転を終了。

4年後の平成24年(2012年)、「オロネ25 901」は「アタゴール オリエントエクスプレス」の開店に合わせ、この地にやって来たのです。

元オリエント急行のシェフが手がけるフレンチ

ではさっそく「アタゴール オリエントエクスプレス」へ入ってみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20171006191253j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy