体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安くておいしい「ツナそぼろ」をパスタや丼に合わせてみた

f:id:uralatokyo:20170810104250j:plain

ツナ缶には夢が詰まっていると思いませんか?

突然すいません、正直、人生でツナ缶にお世話になってない人はいないんじゃないでしょうか。主婦の人は「困ったときのツナ缶」が合い言葉ですよね。かくいう私も学生時代は大変お世話になりました。

安くてそのまま食べてもおいしいツナ缶ですが、今回はツナ缶でできる簡単レシピをご紹介します。単品でお酒のおつまみにもよし、麺にあえてもパンに挟んでもよし、もちろんご飯のおかずにもなってしまう万能総菜ですよ。

「ツナそぼろ」のつくり方

【材料】※作りやすい分量 ツナ缶 1缶 めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1/2 みりん 大さじ1/2

f:id:uralatokyo:20170810104231j:plain

ツナ缶の中身を器に移しました。最近はカツオを使ったものも多いですが、もちろんカツオのものでもOKです。

ツナと一緒に入っている油はそのまま使います。捨てないでくださいね。

f:id:uralatokyo:20170810104235j:plain

ツナ缶を油ごとフライパンに入れ、時々箸などでツナをかき回しながら弱火で炒めます。

ツナが焦げ付かないように注意してください。

f:id:uralatokyo:20170810104238j:plain

少し煮汁をがなくなったところで、めんつゆを投入。

基本的な味付けはこれだけ。ツナの淡泊な味ととめんつゆって相性いいんです。

f:id:uralatokyo:20170810104242j:plain

隠し味にみりんを入れます。

少しの甘みが味に深みを加えてくれるんです。

f:id:uralatokyo:20170810104249j:plain

水気をとばしながら、弱火のままじっくりと炒めます。

しっかりとツナに絡ませるのがポイントです。

f:id:uralatokyo:20170810104250j:plain

ポロポロのそぼろ状になったら、まさに「ツナそぼろ」の完成です。

そのまま炒め続けるとカリカリになってくるので、少ししっとりぐらいがベスト。

f:id:uralatokyo:20170810104253j:plain

できあがりです。簡単でしょ。しっかり味がしみこんでいて、和のテイストも加わって甘辛くておいしいんです。

ラップをして冷蔵庫に入れておけば、ある程度日持ちもするので作りすぎても大丈夫ですよ。

パスタや丼、パンにも合う!!

f:id:uralatokyo:20170810104256j:plain

「ツナそぼろ」アレンジレシピ、まずは時短2色丼から。

まずは炒り卵の時短調理法をご紹介しましょう。

溶き卵を耐熱容器に入れレンジ600wで1分加熱します。

甘い卵が好きならお砂糖を少々加えても良いでしょう。その際は良くかき混ぜてお砂糖を溶かしてくださいね。

少し膨らんできますので、マグや湯飲みなどの深い器が最適です。

f:id:uralatokyo:20170810104302j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。