ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

お城に泊まってみたいならチェコに行けばいいじゃない! 王侯貴族の気分を楽しめる古城ホテル9選

hotel0

もし、一度でいいからお城に泊まってみたい!なんて夢を持っているのなら、チェコに行くのがおすすめかも? ヨーロッパのハートと呼ばれるチェコには、タイムスリップすることなく貴族気分を楽しめる “古城ホテル” があちこちにあるようです。

・シャトー・ムツェリ
hotel1_e

プラハから車で1時間ほどのところにあるバロックの城、シャトー・ムツェリ。美しい景色に囲まれた、快適な宿泊施設として人気を集めています。城の元所有者であったタクシス家の味を守り続けているレストランや、木造小屋を利用したリラクゼーションサロンも素敵。価格は約2万600円~。

・リブリツェ城
プラハの北、ムニェルニークの近くにはバロック最盛期に建てられたリブリツェ城があります。ウェルネス&スパ付きの古城ホテルながらリーズナブルな価格が魅力で、アンティーク家具付きの部屋を約1万300円~利用可能。現代風の別館なら約8300円~。

・イェムニシュチェ城
hotel2_e

プラハの南に位置するイェムニシュチェ城は、今も貴族・シュテルンベルク家の末裔が暮らす城。城内にある4つ星のスイート3部屋が宿泊施設となっており、どの部屋も歴史を感じるロマンチックな雰囲気。価格は約1万5500円~。

・ズビロフ城
hotel3_e

中央ボヘミアと西ボヘミアの境にあるのが、こちらのズビロフ城。貴族のように極上のケアと最高のもてなしが評判の古城ホテルです。12世紀から存在し、多くの著名人を受け入れてきた城内には、アートな香りも漂っています。

・フルボカー・ナド・ヴルタヴォウ城
南ボヘミア地方にあるフルボカー・ナド・ヴルタヴォウ城のホテル・シュテクルは、思いっ切りプリンセス気分に浸れるスポット。すべての部屋にロマンチックスタイルの装飾が施されていて、一部の部屋からはチェコでフルボカー城を望めます。利用制限なしのウェルネスもあり!

・リトミシュル城
hotel4_e

チェコを代表する作曲家、ベドジフ・スメタナの生誕地であるリトミシュル。世界遺産のリトミシュル城の一角に宿泊可能で、かつてスメタナの父親がビール醸造所を営んでいた場所が現在はYMCAの宿泊・会議施設になっています。名曲を頭に描きながらゆったりとした時間を過ごしてみては? 価格は約3600円~。

・シャトー・ヘラーレツ
hotel5_e

シャトー・ヘラーレツは、3カ所のユネスコ世界遺産を擁するヴィソチナ地方に位置。豊富なリラクゼーション・プログラムやスタッフの温かいおもてなしが大好評で、世界各国の古城ホテルの中でも指折りの古城ホテルです。価格は約2万5000円~7万7300円。

・ソボチーン城
hotel6_e

遠いモラヴィアの最果て、イェセニーキ山地内自然保護区にあるソボチーン村とソボチーン城。この城内に位置するのが、新規改装オープンしたホテル・クラインです。最新テクノロジーとアンティーク家具が融合した客室(約3万5000円~)のほか、5つ星のスイート(約7万6000円~)を用意。もちろんウェルネス&スパも提供されています。

・ヴァルチツェ城
hotel7_e

南モラヴィア地方では世界遺産の一つ、ヴァルチツェ城のホテル・フベルトゥスに滞在可能。イングリッシュガーデンを散歩したり、サイクリングをしたり、おいしいチェコ料理に舌鼓を打ったりとリラックスして過ごすことができます。価格は約5700円~。

もっと詳しく読む: お城に泊まってみたいならチェコに行けばいいじゃない! 王侯貴族の気分を楽しめる古城ホテル9選(Photrip フォトリップ)http://photrip-guide.com/2017/11/10/czech-republic-castle-hotel/

Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき