体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

予定調和な旅がイヤなら、旅先で料理を作るといいらしい。(レシピあり)

予定調和な旅がイヤなら、旅先で料理を作るといいらしい。(レシピあり)

Airbnbがまた新たなプロジェクトを始めた! ということで、JAPAN LOCALにおけるAirbnb担当の私、林田が参加してきましたよ。

旅先で
料理を作ったことは?

Airbnbは10月25日、世界のトップシェフとのパートナーシップによるプロジェクト「Airbnb Kitchens of Asia」をスタートした。

Airbnbが行った「アジア太平洋地域における旅行に関する意識調査」によると、回答者の76%は「ローカルフードは旅行先を決めるうえで重要な要素」、そして、71%は「旅行中に地元ならではのローカルフードに挑戦することは大事」と回答したのだとか。

そこでAirbnbは、インドからはマニッシュ・メイロトラ、韓国からはトニー・ユ、タイからはイアン・キティチャイ、そして日本からはコウ・ケンテツの協力を仰ぎ、各国の味をとりいれたアジア料理のレシピを公開。旅先で、地元の食材や料理法を楽しんでステイしてほしいと、新たな「体験」を提供しようとしている。

というわけで「あのコウ・ケンテツの手料理が味わえる♡」と原稿そっちのけで今回のイベント会場「Simple House」(神奈川県鎌倉市)に行ってきたんですが……。

私、料理できなかったわ!

そう、私は料理ができないのである。
19歳のときにカナダをひとり旅したときはずっとグラノーラバーを食べていたし、この前韓国旅行に行ったときも、ひとりのときはカップ麺を食べていた。

江ノ電に揺られながら、「私でよかったのだろうか」と早くも冷や汗たらたら。でも、実は冷静に考えたところで、旅行先で料理をする、という経験には疑問があった。

実際、冒頭で紹介した調査結果には続きがある。「休暇中は料理や買い物はしたくない」と回答した人は41%、「ローカルフードを食べるなら外食がよい」と答えた人も43%いたそうだ。せっかくのバケーションだし、その気持ち、わかる。

けれど、結果として、私は次の旅行先で料理をしてみたくなった。それは、コウさんの話が楽しく、そして私のもつ「旅」の価値観と合致したからだった。

そこにあるのは
ローカルフードを
楽しむ以上の価値

コウさんの料理は、全部で3品。予定調和な旅がイヤなら、旅先で料理を作るといいらしい。(レシピあり)

手前が白身魚と鎌倉野菜のソテー マッシュルームソース ゆず風味。奥は鎌倉野菜の味噌ビーフシチュー、そしてしらすのひと口ポテトコロッケ。(レシピは下にまとめて書いておきます!)

味は、間違いなくおいしかった。だけど、私が「次の旅行では料理してみよう」と思ったのは、味が理由ではなかった。

「僕は、旅先で必ず料理を作って食べます。そうすると、今自分が地球のどこにいて、どの季節にいるのか体感できるんです。肌感だけではなく、食があって、そういうものは初めて完結するんだと思います」

コウさんのレギュラー番組『コウケンテツが行く アジア旅ごはん』(NHK BS1)は今年で7年目だそうだ。これまでアジア各国の家庭にホームステイしながら、その国ならではの家庭の味に出会ってきたコウさん。その口から紡がれるのは、知識以上に体験談が多く、説得力があって聞き入ってしまった。

「以前、その番組でウズベキスタンに行ったんです。ウズベキスタンは中央アジアのど真ん中にある二重内陸国で、昼間は40度、夜は10度まで下がる。だから、エネルギーをとるため油が欠かせないんですね。それで料理に羊の油をぼこぼこ入れるんです(笑)。これはカロリー高いなあ、って思ってたんですけど、実際食べてみるとうまいんですよ」

その土地の気候によって育まれる郷土料理は、立派な文化だ。異国での「食べる」という行為は、日常のそれとは少し違った意味合いをもつこともある。予定調和な旅がイヤなら、旅先で料理を作るといいらしい。(レシピあり) 「僕は、旅行先ではまっさきに市場に行くんです。そうすると、その国の人たちの事情が、流通から何からすべてわかる。そして10〜20人くらいにしつこく聞くんです。『どうやって料理するんですか?』って。そしたらめんどくさいと思うのか(笑)、教えてあげるわよ!って言ってくれるんです。それも旅のおもしろさですよね」予定調和な旅がイヤなら、旅先で料理を作るといいらしい。(レシピあり)

「ワインは酸が立ってしまうので、日本酒がおすすめです。僕は海外にも持っていきたいくらい!」「じゃがいもをつぶす作業や材料を混ぜる作業は、お子さまと一緒に楽しめますよ」。そういった料理が楽しくなるひと工夫の合間には、コウさんならではのユニークな旅行記も聞ける。素直にその時間を楽しみながら、私はふと思った。

「旅行先で料理をする」ということ。それは、旅を予定調和じゃないものにする方法のひとつかもしれない。

どのガイドブックにも載っている、観光客をさばくのが超上手なあの料理屋に行って、写真で見たことのある料理を注文する。きっとおいしいだろう。だけどそれは、あなたの筋書きだ。

コウさんにレシピを教えてもらったからといって、料理がうまくなったわけじゃない。だけど、少なくとも市場に行って、おすすめを聞いて、初見のものに出会って、ローカルの人に疑問をぶつけて、「料理の仕方教えてもらえますか!?」って聞くことって、未知すぎて、旅の興奮が全部詰め込まれている気がする。もちろん、失敗もするかも。煙たがられることもあるかも。でも、筋書き通りの旅をするくらいなら、私はそのほうがいい。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。