体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ママが皮から作る本格餃子とおつまみが体に染みる……。 横浜・野毛で37年続くスナック「華」の素晴らしさを伝えたい

f:id:Meshi2_Writer:20170922153001j:plain

飲み屋さんがずらりと並ぶ、横浜・野毛(のげ)の都橋商店街

駅でいえば最寄りはJR桜木町駅、または京急日ノ出町駅となる野毛エリア。さまざまな飲食店が約600店も密集しています。

f:id:Meshi2_Writer:20170922153129j:plain

裏側にまわってみるとこんな感じ。都橋商店街は、川に沿って建っています。もともとは露天商が集まっていた場所だそう。

そこに長屋風の2階建ての建物を造り、みなを入居させて「都橋商店街」と名づけられたのが昭和30年代後半。以来約半世紀の間、野毛のランドマークとなっています。

開店37年のスナック「華」

この都橋商店街の2階に、今回ご紹介するお店があるんです。

f:id:Meshi2_Writer:20170922153156j:plain

真ん中あたり、赤字で書いてある「華」の看板が見えますか?

お店の形態としてはスナックなんですが、ママさんのつまみがうまくて評判のお店。皮から手づくりの餃子にほれて通い出したのは、いつだったかなあ。

f:id:Meshi2_Writer:20170922153212j:plain

さあ、上がりましょうか。「お気軽にどうぞ」なんて書いてありますが、最初はちょっとハードル高いですよね(笑)。

でもご安心を。

f:id:Meshi2_Writer:20170922164304j:plain

このドアを開けると……

f:id:Meshi2_Writer:20170922164344j:plain

ママさんがいつもの笑顔で迎えてくれます。

お名前は、岡田容子さん。お店のオープンは1985年、今年(2017年)の9月25日で、めでたく開店37年目を迎えられました。

容子さんは横浜中華街の生まれで本牧育ち、生粋のハマっ子です。

7人きょうだいの下から3番目で、実家は広東料理店。小さい頃から、お店の手伝いをされて育ちました。

f:id:Meshi2_Writer:20170922164557j:plain

習うでもなく料理を身につけられ、その腕が現在、お店のおつまみにいきています。

むっちり、みっちりの蒸し餃子

ともかくも、まずは容子さんの餃子を見てください!

3種類一気にいきますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170922165428j:plain

容子さん:じゃあ蒸し餃子からどうぞ。皮の味が一番わかると思いますよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170922165555j:plain

蒸し餃子 (800円)。

f:id:Meshi2_Writer:20170922165701j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。