体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボブ・ディラン、『トラブル・ノー・モア(ブートレッグシリーズ第13集)1979 – 81』発売

ボブ・ディランの『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 81』の完全生産限定デラックス・エディションとスタンダード・エディションが発売された。
ボブ・ディラン (okmusic UP's)

貴重な未発表素材を綿密に発掘し、丁寧で愛情豊かに編集するボブ・ディランのブートレッグ・シリーズ。今回リリースされた完全生産限定のデラックス・エディションには、14曲の未発表曲を含む100曲の未発表ライヴ及びスタジオ音源を収録し、1980年のツアーからの貴重な映像を織り込んだ長編コンサート映画『Trouble No More: A Musical Film』が日本語字幕付の特典DVDとして付く。

『トラブル・ノー・モア1979 – 1981』は、彼のキャリアの中で最もファンを驚かせ、物議を醸し、触発された時期に彼が作曲し、ライヴで演奏した音楽を紹介。1970年代が終わりを迎えて1980年代が始まると、ディランは新しい時代の幕開けに対し『スロー・トレイン・カミング』(1979)、『セイヴド』(1980)、『ショット・オブ・ラヴ』(1981)の3部作で応じる。キリスト3部作とも称されるこれらに収録された楽曲は、かつてないほど深く私的で、強い信念と信仰心はファンを戸惑わせた。

そして、この時代のコンサートでは、彼のキャリアの中で最も歓喜に満ち、ずば抜けた演奏が聴ける。この時期、ツアーでバックを務めた演奏陣は、ジム・ケルトナー(Dr)、ティム・ドラモンド(Ba)、フレッド・タケット(Gt)、スプーナー・オールダム(Key)、テリー・ヤング(Key)らの腕利きミュージシャンとクライディ・キングやレジーナ・マックレイらによるバックグラウンド・ヴォーカル。最強の布陣が、ディランの歌を力強く喜びに満ち、表情豊かに彩っている。ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 81』はディランのファン、そして音楽愛好家たちにとって、ディランの類い稀な時期を初めて存分に味わえる絶好の機会。

『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 81』デラックス・エディションの曲は、「イェ・シャル・ビー・チェンジド」を除けば全て未発表音源。14曲の未発表曲を含む、多くの未発表ライヴ音源、貴重なスタジオ・アウトテイクが収められている。

デラックス・エディションのボックス・セットにはディラン学者のベン・ロリンズによる紹介文、及びアマンダ・ペトルーシク、ロブ・ボウマンそしてペン・ジレットによるライナー・ノーツを収めたハードカバーのブックレットが付く。それに、ディランの1980年ツアーからの未公開映像と、作家リュック・サンテが書き下ろし、アカデミー賞ノミネート歴のあるマイケル・シャノンが読み上げる説教を含む新作長編映画『Trouble No More: A Musical Film』の日本語字幕付DVDが付属され、ジェニファー・ルボーが監督した『Trouble No More』は名誉ある2017年ニューヨーク映画祭で初上映された。なお、DVD収録の特典映像には、1981年アヴィニヨン公演の「ショット・オブ・ラヴ」の貴重なパフォーマンスが含まれる。

ボブ・ディラン『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 81』は、デラックス・エディションの冒頭2枚を収めた2枚組CDのスタンダード・エディションも発売している。
「スロー・トレイン 」 (Nov. 16, 1979)

https://www.youtube.com/watch?v=_GjKIh8_EPkアルバム『トラブル・ノー・モア(ブートレッグ・シリーズ第13集)1979 – 81』
発売中

【デラックス・エディション完全生産限定盤】(9枚組、Disc 1-8, DVD)

SICP31090-98/¥30,000+税

【スタンダード・エディション】(2枚組、Disc 1-2)

SICP31099-100/¥3,600+税

※未発表写真満載の豪華カラー・ブックレット

※英文の完全翻訳・書下ろし解説・歌詞・対訳付の日本版ブックレット

<収録曲>

■Disc 1: Live

1. スロー・トレイン/ Slow Train (Nov. 16, 1979)

2. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (Nov. 15, 1979)

3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー/ I Believe in You (May 16, 1980)

4. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ/ When You Gonna Wake Up? (July 9, 1981)

5. ホェン・ヒー・リターンズ/ When He Returns (Dec. 5, 1979)

6. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ/Man Gave Names to All the Animals (Jan. 16, 1980)

7. プレシャス・エンジェル/ Precious Angel (Nov. 16, 1979)

8. コヴィナント・ウーマン/ Covenant Woman (Nov. 20, 1979)

9. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング/Gonna Change My Way of Thinking (Jan. 31, 1980)

10. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー/ Do Right to Me Baby (Do Unto Others) (Jan. 28, 1980)

11. ソリッド・ロック/ Solid Rock (Nov. 27, 1979)

12. ホワット・キャン・アイ・ドゥ・フォー・ユー/ What Can I Do for You? (Nov. 27, 1979)

13. セイヴド/ Saved (Jan. 12, 1980)

14. イン・ザ・ガーデン/ In the Garden (Jan. 27, 1980)

■Disc 2: Live

1. スロー・トレイン/ Slow Train (June 29, 1981)

2. エイント・ゴナ・ゴー・トゥ・ヘル・フォー・エニバディ/Ain’t Gonna Go to Hell for Anybody (Unreleased song – Apr. 24, 1980)

3. ガッタ・サーヴ・サムバディ/ Gotta Serve Somebody (July 15, 1981)

4. エイント・ノー・マン・ライチャス、ノー・ナット・ワン/Ain’t No Man Righteous, No Not One (Unreleased song – Nov. 16, 1979)

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。