温泉で美肌に!知る人ぞ知る伊豆下田の秘湯とレトロカフェめぐりを満喫

access_time create folder生活・趣味

ひとっ風呂浴びたら、夕飯までお部屋でまったりタイム。お風呂を出ても温かさが持続していて、夏でも靴下が欠かせないくらい冷え性な私の足のつま先もほかほか〜。

観音温泉 夕食

お待ちかねの夕食は、地元の山海の旬味をふんだんに使ったお料理の数々。シンプルないわゆるお宿の懐石料理なんだけど、ひとつひとつが本当においしい! その秘密はお料理に使うお水にありました。

女将の鈴木和江さん「当旅館のお料理には、洗う、煮る、蒸す、炊く、すべての調理に温泉水を使っています。奥下田で湧く天然温泉水は軟水の中でも特に柔らかい超軟水。お米を炊いてもふっくらまろやかに仕上がるんですよ」

なるほど! お料理にもあのツルツル美肌になる温泉水を使っていたのね。聞くところによると、超有名レストランや某五つ星ホテルでも、この温泉水を調理用水に使っているんだとか。「お水ってやっぱり大事なんだなぁ」としみじみ実感した夜でした。

朝は内風呂で絶景を独り占め&温泉育ちの野菜を収穫体験

観音温泉 客室風呂

翌朝いつもより早めに起きた私は、お部屋のお風呂にダイブ! 宿泊した「観音温泉 ピグマリオン」はすべてのお部屋に源泉かけ流しの露天風呂付きなの。降り注ぐ朝日を浴びながら、絶景を独り占め! 眠っていた体が目覚めていく、この朝風呂の感覚がたまらないんだよね。大浴場もいいけど、お部屋のお風呂はまた格別っ!

観音温泉 農場 収穫体験

朝風呂のあとは、散歩がてら農場の見学へ。
お料理のおいしさの秘密は野菜にも隠されていました。使う野菜は旅館のそばにある自社農場でも栽培。もちろん水やりにはすべて温泉水を使用しているよ。トマト、きゅうり、ナス、キャベツ……旅館のスタッフの皆さんが手塩にかけて育てた野菜は、温泉水の美肌成分をたっぷり吸収して大きく成長。

観音温泉 農場 収穫体験

事前にお願いをしてタイミングがよければ、旅館に併設された農場で収穫体験ができるかも。私はミニトマトを収穫させてもらったよ。とっても甘くてみずみずし〜い! 袋詰めにしてお土産に持って帰ることもできます。

観音温泉 朝食

そしてお待ちかね! 旅館のハイライトといえば、やっぱり朝ごはん。「……あ! 見覚えのある子がいる!」と思ったら、昨日の夕食にも出た伊勢海老ちゃん。おだしから香る磯の香り、いい仕事してますねぇ。ほかにも温泉水で炊いたごはんに、温泉水でつくったトマト。体の外からも中からも美肌の湯をたっぷりチャージすることができました!

幕末を感じるペリーロードでレトロカフェ巡り

前のページ 1 2 3 4 5次のページ
access_time create folder生活・趣味
びゅうたび

びゅうたび

旅するメディア「びゅうたび」は、ライターが現地を取材し、どんな旅をしたのかをモデルコースとともにお届け。個性たっぷりのライター陣が、独自の視点で書く新鮮な情報を、臨場感たっぷりにご紹介します。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧