体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタートアップ企業で入社一人目エンジニアに誘われたら、気をつけるべきことは何ですか?

パネラー、ファシリテータを務めた3人のプロフィール

テクニカルなスタートアップは、技術のわかるエンジニアとビジネスを考える人材がセットとなって始まる。つまりそういう企業には必ず、「一人目のエンジニア」が存在する。

一人目のエンジニアにどんな経緯でなったのか。また一人目のエンジニアに向いているのはどんな人かなどについて、増井雄一郎さんがファシリテータとなり、パネルディスカッションを実施した。

ファシリテータを務めたのは、トレタCTOの増井雄一郎さん。

株式会社トレタ CTO 増井雄一郎さん1976年、北海道生まれ。大学時代に起業。2003年フリーランスとなり、Ajax、Ruby on Railsなどを使ったWebアプリ開発や執筆で活躍するギークエンジニア。2008年に渡米し、中島聡氏とともにアプリ開発会社を立ち上げる。2010年に帰国、Appceleratorの「Titanium Mobile」エバンジェリストとして活躍。「MobiRuby」「wri.pe」などの開発者として知られる。「IT芸人」とも呼ばれる。トレタは飲食店向けの予約管理や顧客管理サービスを提供している。

増井さんもトレタの一人目エンジニア。そしてパネラーを務めたユリシーズ三宅裕さん、delyの取締役/CTO 大竹雅登さんももちろん、入社一人目のエンジニアである。

三宅:ユリシーズは食品業界向け品質管理SaaSを提供しています。まだβ版も出していない創業9カ月の会社ですが、プロダクトサイド全般を担当しています。今日はリアルなスタートアップの現場話をしたいと思います。

ユリシーズ株式会社 三宅 裕さん1991年、岡山県生まれ。コンタクトセンター向けのパッケージソフト開発、人事部向けのSaasの開発を経て、ユリシーズにJoin。プロダクトサイド全般を担当。

大竹:レシピ動画サービス「クラシル」を開発しているdelyという会社の創業メンバーです。慶應義塾大学在学中にCTOに就任しました。当初はレシピ動画サービスではなく、フードデリバリーサービスの会社でしたが、それをクローズ。2回のピボット(事業転換)をし、2016年2月からクラシルを提供開始しています。

dely株式会社 取締役/CTO 大竹 雅登さん2014年、慶應義塾大学在学中にdelyのCTOに就任。数回のピボットを経て、2016年1月よりレシピ動画サービス「クラシル」を運営。CTOとして開発を牽引したレシピ動画アプリ「クラシル」が、Google Play ベスト オブ 2016「ベスト自己改善アプリ賞」、App Ape Award 2016「スタートアップアプリ賞」を受賞するなど、昨年5月のリリースから約1年半で国内最大のレシピ動画サービスとして成長させた。

一人目のエンジニアになったきっかけ

増井:まずは、一人目のエンジニアになったきっかけについて教えてください。

大竹:代表の堀江から「久しぶり。新しい会社を始めるのだが一緒にやらないか」という連絡がFBメッセンジャーできたのがきっかけです。その当時は起業し、代表を務めていた会社を解散させていた時期で、どうしようかなと考えていたときでした。

堀江とは大学は同じだが、親しいわけではありませんでしたが、住んでいるのが隣の駅だったこともあり、カフェで話を聞くことに。そこでフードデリバリーサービスの構想を説明され、これは面白いと思った。しかも堀江には自分はないチームマネジメント力という強みがある。そこで一緒にやろうと思ったんです。

増井:他にも誘われたことはあったんですか?

大竹:誘うことはあっても、誘われることはなかったですね。

増井:そのFBメッセンジャーの文言だけだと、すごく怪しい感じがします(笑)。会ってみてどこがこの人ならいけると思ったポイントは何だったんですか。

大竹:ビジネスモデルに関する質問をしたら、詳細に説明してくれたんです。その時の様子で彼は嘘をつかない、パッションにあふれているのがわかった。信頼できると直観したので、その場で決意し、共に創業することにしました。その決意はよかったと思っています。

三宅:私は以前勤めていたHR系の会社もスタートアップだったんですが、ちょうどビジネスが収束していた時。今度はビジネスまでかかわれるポジションを探していました。当社の創業は2016年12月15日。私が求人募集を見つけたのは12月23日。即応募し、自分の誕生日である26日に面接をしてもらい、私もその場の直観でジョインすることを決め、1月から働き始めました。

増井:直観で決めたポイントは何だったんですか。

三宅:社長が一人しかいないのでビジネスにかかわれることと、事業が食品工場のSaaSという、誰もやったことのないことサービスであること。後は社長と話して、「この人だったら成功するまで何度でも挑戦できる」と思えたこと。それが決め手となりました。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。