体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人の晩酌は魚で決まり!干物欲を存分に満たしてくれる「ひもの野郎」でしみじみ飲む【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20171008224437j:plain

たまのごちそうは焼き肉、スペシャルな日はステーキ、スーパーでは牛細切れ肉、ラーメンで好きな具材はチャーシュー。

10代・20代と「たんぱく質といえば肉」として日々過ごしてきました。

けれども30歳を超えたあたりから、多くの人と同じように肉が少し重く感じるようになり、魚っておいしいな……としみじみ思うように。

一人旅が趣味なのですが、魚がおいしそうな場所を目当てに行き先を決めるほど魚好きになりました。

スーパーでも魚を買うことがぐっと増えたのですが、中でも干物は、長持ちするしうま味はたっぷりだし日本酒と合うしで、晩酌のお供にちょうどいい。

今回は、そんな干物欲を存分に満たしてくれるお店「ひもの野郎 南船場店」をご紹介します。

灰干とはなんぞや

f:id:mesitsu_lc:20171008224538j:plain

「ひもの野郎」は大阪市内に4店舗(2017年11月で5店舗)あり、今回は南船場のお店にお邪魔しました。

f:id:mesitsu_lc:20171008224621j:plain

1階はシンプルにカウンターだけで一人客にもうれしい仕様。

f:id:mesitsu_lc:20171008224722j:plain

「ひもの野郎」で提供している干物は、灰干という特殊な製法で仕上げられたもの。

一般的な干物は魚の水分を取るべく風や太陽にさらしてしっかりと乾燥させるのが特徴。一方灰干は、灰を用いてゆっくりと乾燥させていくので、干物独特の固さを軽減して脂を含みながらふっくらと仕上がります。

「ひもの野郎」の灰干は、紀州備長炭を使用しているのだそう。

f:id:mesitsu_lc:20171008224803j:plain

生魚かな? と思えるほどやわらかな身を、強火で焼いていきます。

f:id:mesitsu_lc:20171008224818j:plain

脂が適度に残っているのでジューシーに焼き上がるのだそう。時折じゅわっと火が立ち上っていて食欲がそそられます。

f:id:mesitsu_lc:20171008224840j:plain

できたー!

うまい……うまいぞ灰干……

f:id:mesitsu_lc:20171008224915j:plain

▲さば灰干 745円

まずは一番人気のさばをいただきましょう。

しかしこの黄金色よ。

「いただきます」

f:id:mesitsu_lc:20171008224940j:plain

たしかに一般的な干物の固さとは違い、焼き魚のようなジューシーさ。

脂がほどよくのっていながら、干した魚ならではのうま味もしっかりと感じられ、焼き魚と干物のいいとこ取りといったところ。これは間違いない。

f:id:mesitsu_lc:20171008225022j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。