体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Ken Miller “Gallery Target 10th Anniversary”

NeoL_Ken1 | Photography : Takuya Nagata

伝説的マガジン「TOKION」の編集長を経て、現在はアートのキュレーターとして様々なエキシビションを手がけるKen Miller。マーク・ゴンザレスやピーター・サザーランド、アンドリュー・クオら錚々たる面子を一堂に会したGALLERY TARGETの10周年を記念した展示のキューレーションにも、彼のエディター時代からの交友が存分に活かされている。現在の活動とNYやアートシーンの状況について尋ねた。

——今回はGALLERY TARGETの10周年の展覧会ですが、彼らとの出会いについてお聞かせください。

Ken「出会いは10年くらい前、ちょうど TARGETがオープンした頃だね。僕は10年くらい前に『TOKION』という雑誌の編集をしていたのだけれど、ちょうどそのタイミングで『TOKION』を売却して、それからすぐに2冊の本を作ったんだ。2作目の本は『Shoot』というタイトルで、『TOKION』で仕事をしていたフォトグラファーたちの本だった。それでここを運営しているトモコとケイイチに、この場所でエキシビションをできないか相談したんだ。それ以来、ほぼ1年おきに5回ほどエキシビションを行なってきたよ」

——You curated this exhibition for the 10th anniversary of GALLERY TARGET. Would you tell us how you met them?

I met them about 10 years ago, when they just opened. I used to edit a magazine called “TOKION” – it was right then we sold “TOKION,” and I did two books pretty quickly. The second book was called “Shoot,” and it was a book of the photographers who worked for “TOKION.” I started to talk to Tomoko and Keiichi about helping to do an exhibition here. And from then on, I’ve done about five exhibitions, so one every other year.

——TARGETというギャラリーのイメージは?

Ken「うーん…今となっては友だちだから、いろんなイメージがある(笑)。彼らとは、かなり私的なつながりを感じているんだ。でも、彼らはアーティストを紹介するのがすごく上手で、本当に良いテイストの持ち主だと思う。何度も来日しているようなアーティストもいるよね。想像力も豊かだし、良いテイストの持ち主だと思う」

——What kind of images do you have for GALLERY TARGET?

Um… at this point, I’m friends with them, so I have so many images [laughs]. I’m pretty personally connected. But I think they are really good at introducing artists, and having really good tastes. There is a certain type of artists who get brought over, over and over again. And I think they are little more imaginative.

——個人的にTARGETでのエキシビションで印象に残っているものはありますか?

Ken「最近のESPOのショーとか… もう最近じゃないか。でも、あれはすごく良かった。あとはGALLERY TARGETの中でやったわけではないけど、もう少し大きい仮設会場のようなところで、今回のグループ展にも参加しているマルセロ(・ゴメス)と、東京からは小山泰介と、あと2人のアーティストとやったエキシビションは僕のお気に入りの一つだ。とても美しいエキシビションだった。そして一番スケールが大きい展覧会はフジフィルムのデジカメをレジェンダリーなフォトグラファー達に渡し、新作を撮ってもらい展示したもの。ライアン・マッギンレー、テリー・リチャードソン、ナン・ゴールディン、スティーブン・ショア、ウィリアム・エグルストンに限っては初めてデジカメで撮った作品だったんだ」

——Are there any exhibitions that you did here that are especially memorable?

The show they did with ESPO recently… I mean, it’s not that recent any more, but that was really good. We did a show together not in GALLERY TARGET but at a larger space that was sort of a temporary space, with Marcelo (Gomes) who is one of the artists on this show, Taisuke Koyama from Tokyo and two other artists. It was just a very very beautiful exhibition. And the biggest thing we have done was a project with Fujifilm where we got several really legendary photographers to shoot new photos with their cameras. So everyone from Ryan McGinley and Terry Richardson to Nan Goldin and Stephen Shore to William Eggleston, who shot digital for the first time. We showed those photos all around the world and had a big party at Omotesando Hills. That was a really amazing project…

1 2 3 4 5 6 7次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。