体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メルカリファンド等から4億円調達したジラフに、優秀な人材と未経験者が集まる理由|株式会社ジラフ麻生氏・佐々木氏

月間140万人以上が利用する買取価格比較サイト「ヒカカク!」や、修理料金比較サイト「最安修理ドットコム」を運営し、2017年11月にグリー・メルカリファンド等から4億円調達を発表した株式会社ジラフの麻生(代表取締役社長)佐々木氏(執行役員・ポケラボ創業者)に、事業や採用のポイントついてお話をお伺いしました。2017年10月に、新たにリリースした検品済携帯のフリマサイト「スマホのマーケット」が生まれた背景と今後についてもお話いただいています。

 

自分自身の困った原体験から生まれたサービス「ヒカカク!」

――株式会社ジラフについて教えてください。

株式会社ジラフは、インターネットでリユースのマーケットプレイスやメディアを運営している会社です。買取価格比較の「ヒカカク!」と、修理料金比較サイトの「最安修理ドットコム」、2017年10月から新しく「スマホのマーケット」というスマートフォンのフリマのサービスを始めていす。今は40名くらいの会社です。

 

――麻生さんは学生のときにジラフを創業されたんですよね。キッカケは何だったのですか。

元々中学生のときにコミュニティサイトを運営していて、それから起業したいとずっと思っていたんです。大学生の頃に自分でサービスを自分で作ってそれを法人化したというのが、きっかけです。

麻生輝明氏(株式会社ジラフ代表取締役社長)

――最初に作ったサービスが「ヒカカク!」ですよね。このサービスのアイデアに至ったきっかけはなんだったのですか。

僕自身がiPadを売りたいなと思ったことがあって、ヤフオクは面倒くさくてBOOKOFFやゲオみたいな中古品買い取りのお店で売ることを考えたんですけど、どこで売ればわからなくて、じゃあそれがわかるサービスってないのかなと思って作ったのが始まりです。

 

――ご自身の困った原体験があったんですね。当時新卒として内定されていた企業もあったとのことですが、起業家として歩む決断をしたポイントはあるのでしょうか。

大きかったのが、投資が決まったんですよね。また、他の人とお話をするなかでもこの事業は可能性があると評価を貰っていました。でも、自分の中の「やってみたい」という気持ちが強かったというのが一番大きいですね。

 

――そのときは会社は何名ぐらいだったのでしょうか。

まだ5名くらいで、当時はまだ全員学生でしたね。

 

いい人がいい人を呼ぶ流れができ、半数が社員の紹介で入社

――人を採用をする際には、どういったところを見ていますか。

一番は、考え方が柔軟な方ですね。あとは、経験に縛られない方。うちの特徴として、社員が友人を連れてくることが多いですね。なので、スタートアップの会社に入りたい人ではく、スタートアップを知らない状態の人がうちだけを知って入社するケースが多くて、他のスタートアップと人材の取り合いになることは少ないですね。半分以上は紹介で入社していますね。

 

――半分以上が紹介での入社ってすごいですね。社員紹介については、社内で積極的に取り組んでいる仕組みや制度があるのでしょうか。

今のところ特にはなくて。社内に呼びかけはしていますけど、ほぼ自主的にやってくれています。わりと僕はまめなので、面談からの採用率は凄く高いと思います。紹介されたら、真剣に考えますし口説きますね。あとは、待遇についてもエージェントを使っていないので、その部分をお給料に転換してできます。条件勝負になったときに、別に他の会社に負けるというわけではないですね。あと、いい人が採用できているので「一緒に働きたい」という方がまた入ってきて、といういい流れができてきてます。

 

未経験からエンジニアを採用、育成できる仕組みができてきた

――エンジニアを未経験からも採用されているとお伺いしました。育成で取り組まれていることはありますか。

1on1と勉強会をやっていますが、メインは実践ですね。1on1は事業部長と各メンバーでしています。勉強会は部署ごとに自発的に実施しているもので、エンジニアだと今は設計の勉強をしています。実践だと、未経験から入社される方には、実際にすぐにコードを書いてもらうようにしていて、それに対してコードレビューをしっかりやっていますね。座学で学ぶのも、もちろんいいんですけど、そうすると勉強だけに集中してしまう方もいらっしゃって、それはあまりおすすめしないです。今活躍しているメンバーを見ていると、実践を多く積むほうが成長は早いと感じますね。

 

――未経験からでもエンジニアとして成長できる体制があるんですね。成長されている方の共通点はどんな点でしょうか。

ポイントして、理解力や考える能力が高い人というのはありますね。あとは、他の業務で成果を出している人。それと、開発者としてやっていきたいという気持ちが強いかの3つですね。よくあるのが、起業のプロセスとしてプログラミングをしたいっていうケースですね。そういった方は、長期的に見て上手くいかないかなという実感があります。やっぱり、エンジニアは勉強し続けるものだと思うので、そういう覚悟がないと例えキャッチアップが早かったとしても、いずれ成長が止まってしまうと思うんです。

 

既存事業の強みを活かしたCtoCサービス「スマホのマーケット」

――2017年10月に新サービスの「スマホのマーケット」をリリースされましたね。ユーザーの反応はいかがですか。

1 2 3次のページ
TechAcademyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。