体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

パンスタ女子会をリスタート。約一年ぶりのイベントです。10月は、週末のたびに大荒れの天気で予定が立たず困惑された方も多いことでしょう。私たちも、この度の台風22号の進路にはやきもきしましたが、幸い小雨模様のお天気でしたので無事に開催することが出来ました。ご参加されたみなさま、楽しんでいただけたでしょうか。またゆるゆると企画していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

      開催日 2017年10月28日      レポーター 尾見典子

午前の部 白金高輪エリア パン散歩

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

東京メトロ南北線 白金台駅に集合(希望者のみ)、白金高輪周辺を巡るのになぜ〜か白金台駅。あっちも行きたい、あ、こっちも…企画段階で欲張りなパンマニア目線でのリストアップでエリアを広げたためでした。イベント当日ギリギリまで考えあぐね悩みましたが当日の天候、参加者人数等を踏まえた上で、マルイチベーグル→ブラウベルグを中心としたルートに絞り込み、“あと、何かいいことないかな♪”と期待を胸に出発しました。

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

1軒目、マルイチベーグルさんは言わずと知れた人気店。混雑を覚悟していましたが、スタッフの皆様がとても親切丁寧に対応してくださるので、気持ちよくお買い物をすることができました。焼きたてのムギュッとした重たいベーグルが、ショーウィンドウの中だけでなく上にも傍にも後ろのラックにも溢れています。10センチ以上はあろうかと思われるベーグルサンドイッチは圧巻です。ぜひ再訪し、最近解放された3Fのカフェスペースでゆっくりかぶりつきたいと思いました。

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

初めて白金界隈を訪れる方にとって、マルイチベーグルさんは少しわかりにくい場所にあるのですが、最寄りは白金高輪駅です。駅直結のスーパーマーケット「クイーンズISETAN」のある白金アエルシティ方面 4番出口から歩いて約2分ほど。地上に出ると児童遊園です。マルイチの帰りはこちらのベンチに腰掛けての外deパンもオススメです。

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

2軒目はベッカライ ブラウベルグさん。ちょうどお昼時でしたのでコッペパンサンドや人気のガーリックフランスなど惣菜パンが充実。他にも日替りドイツパン、ハード系からデニッシュ、パイ、タルト、焼き菓子に至るまで豊富な品揃え。色とりどりでしばしのうっとりタイムとなりました。2015年1月オープンの新参ベーカリーですが、ラインナップは地元の人に支持されすっかり根ざしている様子でした。四の橋界隈は、都心にありながらまだ昭和の面影が色濃く残る趣のあるエリアです。極近に外パンの強い味方!椅子とテーブルが備わった(四の橋)公園もあります。そのまま広尾方面に行くのもよし、楽しいお散歩コースになりますよ。

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

持参したブレッドナイフとカッティングボードの出番です。気になるけれども持ち帰りに不安のあるパンは購入してシェア。さっぱりとした口当たりのカスタードがジューシーなシャインマスカットをしっかりと引き立てています。「美味しいね」「サクサク!」頬張りながら皆で美味しさを共有するのもパン屋めぐりの醍醐味です。

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

3軒目は白金高輪駅を抜けて、反対側へ。ラトリエコッコ三田店さん(2号店)へ向かいました。本店は、先にご紹介したブラウベルグさんより更に駅から離れた場所にあります。どちらもこじんまりした店構えで、オーナーの高田シェフは自身のお子様を育てながらのパン作り。出産を経てからは、以前にも増してオーガニック素材へのこだわりを心掛け、安心安全、自然の恵みから作られるパンやお菓子が人気です。縦に細長い店内を進むと比較的ゆっくりくつろげそうなcafeスペースがありました。購入したパンをいただける(要ドリンク注文)ばかりでなくオリジナルのモーニングやランチメニューもありました(平日のみ)。
★ ネットにてお取り寄せ可能です。
http://cocco2011.shop-pro.jp/

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

虎ノ門 blancで「外deパン」

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

白金高輪から場所を移し、本日の「外deパン」会場となる虎ノ門blanc(ブラン)へ。blancは美味しいパンとお料理が同時に味わえる人気のビストロです。店内に立ち込める焼きたてのパンの香りに参加者のトークもスイッチオン!盛んな情報交換の場となりました。その陰には料理担当の大谷さんとパン担当の和田さん、お二人の軽妙なトークも魅力の一つ、お陰様で期待以上の愉しいひと時となりました。

パン担当の和田さんより

お久しぶりのパン女子会@虎ノ門blanc(ブラン) レポ

「パリで仕事をしていた時、デジデ(デュ・パン・エ・デジデ)のデザミ(パン デ ザミ)を食べて(海外のパンってこういうのがあるんだ)って…初めての海外だったものだから大きな衝撃を受けたんです。すごく焼きこまれていて…今はデザミはだいぶ軽い感じになってるんですけど当時はもっとガリっと焼き上げて、中もずっしりしっとりって感じだったんです。それがすごく好きで、日本でもそんな感じのパンを表現できたらな、と思ったのがこのパンの開発の始まりでした。デザミに近いものを!それまで自分はハード系のパンをあまり経験していなかったので、ダンディゾンの木村さんとか色々な方から意見を聞いてデザミをイメージした ‘‘大判のパン’’を作り上げました。ルヴァンという粉から起こした種を使っています。ライ麦全粒粉と小麦全粒粉(北海道産)。あとはキタノカオリをベースに仕込んでいます。吸水は100%ぐらいですので高加水のパンということになります。穀物の香り、甘み共にしっかりと感じられるような焼き方をしています。実はオープン当初交通事故にあい、右手を骨折し、2ヶ月位パン作りができなかった事があるんです。それでその時種をダメにしてしまって…今は二番目、弟種なんです。で、やはり味が変わってしまったんですが、面白いなと思ったのは、最初の種(兄種)はここで起こしたものでなかったんですけど、今回ここで起こしたらまた違った香りだったり上がりだったりというものが出来て、お陰様で今はこのパンの味が支持されているのでこのまま続けていけたらと思っています。

1 2次のページ
パンスタの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。