体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これ、お肉じゃないの?「ヴィーガンバーグ キッチン」の完全菜食バーガーを食べてきた【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170911170235j:plain

いざ、関西唯一の完全菜食のハンバーガー専門店へ

こんにちは。メシ通レポーターの西尾明彦です。堺市にやってきました。

今回ご紹介するのは、大阪は堺市にある、動物性の食品を一切使わない、完全菜食のヴィーガン(完全菜食主義)対応のハンバーガー専門店「VEGAN BURG Kitchen(ヴィーガンバーグ キッチン)」です。

「ヴィーガンのお店と知らずに来店して、食べられて『これ、お肉じゃないの?』とビックリされる方もおられますね」と、ご自身もヴィーガンというオーナーの中井純一さん。

ハンバーガーは、定番から変わり種など約15種類。

化学肥料や保存料を使わずに育てられた熊本産のオーガニック野菜など、食材にはこだわっています。それでいてハンバーガー745円からとリーズナブル。しかも、パティやソースまで自家製です。

サイドメニューや、ハンバーガーにプラス518円(ランチタイムは半額)でフレンチフライとオーガニックサラダが付く、お得なセットもありました。

「ベジタリアンやヴィーガンというと、一般の方はあまりなじみがなくて、ハードルが高いと思うかもしれません。自然菜食をもっと気軽に食べてほしくて、大人、子ども問わず大好きなハンバーガーを、完全菜食で作りました」

思いがつまったヴィーガンバーガー、これは楽しみです。

f:id:mesitsu_lc:20170911170223j:plain

登場しました! 看板メニューの「ザ・ビーガンバーグ」(1,382円)です!

長い串のギリギリまで積み上がった、すごいボリュームです。

ハンバーガーには、やっぱりビールが欲しくなりますね。

f:id:mesitsu_lc:20170911170314j:plain

農薬不使用の麦芽とホップに、ヘンプ(麻)が原料の「カンナビアオーガニックヘンプビール」(853円)。ラテン系っぽいキッチュなヘンプが特徴的なラベルですが、ドイツ産です。

f:id:mesitsu_lc:20170911170301j:plain

ビールの方が手前にあるのですが、こうして並べると、バーガーの大きさがお分かりでしょうか。

スッキリ飲みやすいピルスナータイプなので、ハンバーガーとの相性バッチリ!

ベジタリアン専門店で、ジャンクなイメージのハンバーガーとビールという黄金タッグが味わえるのはうれしいです。

f:id:mesitsu_lc:20170911170235j:plain

トマトにアボカド、グリルオニオン、キャベツなど、野菜たっぷり。そのままではかぶりつけないので、手でやさしく押しつぶしてから、かぶりつきます。

ビーンズパティに、ボロネーゼソースがこぼれるほどたっぷり、味わいもまるでミンチ肉が入っているかのようです。もちチーズにマスタード、ソイマヨネーズと、しっかり濃厚な味わいです。

かなりボリュームがありますが、黙々と1個ペロリ。

もうひとつはテイクアウトでお願いしようかと思いましたが、やっぱりできたてを味わいたくて、2個目に挑戦します。

f:id:mesitsu_lc:20170911170217j:plain

「こんにゃくカツバーグ」(1058円)の登場です! カツが見えないくらいが野菜たっぷり。

f:id:mesitsu_lc:20170911170255j:plain

食べかけですみませんが、見てください、このカツのぶ厚さ。

おからとコンニャクでできたカツのはずなのに、歯応えも味わいもお肉のカツのよう。自家製ソイタルタルソースとマスタードの組み合わせがおいしくて、さっきとはまた違った味わい。パクチーやハラペーニョなど、トッピングを加えても面白そうです。

ノンアルコールドリンクにも面白いものがありました。

f:id:mesitsu_lc:20170911170308j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。