体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もつ鍋や水炊きだけじゃない!福岡で評判の「喜人鍋」を知ってる?

f:id:mesitsu_lb:20170927101721j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの泡太郎です。

一日一日秋が深まっている福岡ですが、これから冬に向けて一気に需要が高まるグルメと言えば……。

そう、鍋です!

今回はその鍋、

それも福岡の地で15年以上も愛され続けている鍋をご紹介したいと思います。

その鍋が食べられるお店の名前は「喜人」

福岡で一人暮らししたいエリアNo.1にも輝いたこともある薬院エリアの、

あるマンションの1階にある和風居酒屋さんです。

f:id:mesitsu_lb:20170927104244j:plain

なかなか独特な雰囲気の外観で、見るからに“和”。

f:id:mesitsu_lb:20170927101503j:plain

壁に書かれたお地蔵さんと、メッセージもかなりインパクト大。

f:id:mesitsu_lb:20170927101855j:plain

そのメッセージ通り、ちょうちんの「喜人」という文字も笑っています。

ではでは店内へ。

f:id:mesitsu_lb:20170927101931j:plain

外観もさることながら、内観はそれをはるかにしのぐインパクト!

そして、迎えてくれたのが、

着物がすごく似合っている、店主の三橋邦弘さん。

f:id:mesitsu_lb:20170927102004j:plain

三橋さんも笑っています。

思わず聞いちゃいました。

ーーこの絵すごいですねぇ。

三橋さん:「ありがとうございます! これ僕が描いたんです」

ーーえっ? 料理だけじゃなくて、そっちも。

三橋さん:「全くのシロウトなんですけど、昔から描くのが大好きで。最終的には天井までつなげて天井にも描いていこうと考えてるんですけど、15年かかってやっと壁の上の方に行けました(笑)」

よ〜く見ると、白いキツネさんの左側、確かに黒い曲線が描かれてます。

f:id:mesitsu_lb:20170927102103j:plain

ーー天井も全部って考えると、まだ半分もいってないですよ。

三橋さん:「仕事が終わった後、気が向いた時にちょっとずつ描いていっているので、完成まで何年かかるか(笑)」

サグラダファミリアみたいで、なんか夢があってステキです!

※ちなみに、店内はカウンター8席と掘りごたつ式のテーブル席が16 席の小箱店です。

こちらのお店、お通しもすごいんです!

ということで、鍋の紹介に行きたいところですが、

実は、評判なのは鍋だけではないんです。

お通しです。

私、泡太郎、基本的にお通しというシステムが好きではありません。

理由は、有料で食べたくもない、それも決しておいしいとは言い難い料理が一方的に出てくるからです。

でも、こちらのお店のお通しは大好きなんです!!

何故かというと、その品数と味のクオリティーの高さ。

ご紹介しましょう。

まず、運ばれて来たのがコチラの「焼き胡麻豆腐」。

f:id:mesitsu_lb:20170927102213j:plain

胡麻の風味と木の芽の香りと柔らかな食感、そしてお出汁が相まって、なんとも優しい味わい。

よくあるお店ならこれだけで数百円とられるわけですが、

コチラのお店はこれだけではありません。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。